遍路みち

文芸
ヘンロミチ
遍路みち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

楽しいことも嬉しいこともあったはずなのに……悔いのみを抱いて生きてゆく遍路みち
夫・吉村昭氏の死から3年あまり、生き残ったものの悲しみを描く小説集

洗面所のコップの中の2本の歯ブラシを見ると、1本も虫歯のないことを自慢していたことを思い出した。夫の母親が、おまえは口もとがいいね、と言っていたという話をからかいながら口にすると、かれはふざけて口角を少し上げて笑ってみせた。育子はその笑顔を思い出して嗚咽した。――<「遍路みち」より>

製品情報

製品名 遍路みち
著者名 著:津村節子
発売日 2010年04月01日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-216098-8
判型 四六
ページ数 204ページ