アウグスチヌス『告白』講義

講談社学術文庫
アウグスチヌスコクハクコウギ
著:矢内原忠雄 解説:中村勝己
アウグスチヌス『告白』講義
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ローマ帝国崩壊期に、教父アウグスチヌスが著した『告白』は、結婚と世俗的栄達の道を捨ててキリストの教えに帰依し、光明を見出すまでの激しい内面の葛藤、母と子の物語を赤裸々に描いて名高い。本書は、その告白文学の最高傑作を、内村鑑三に師事し、軍国主義批判のため東大を追われた筆者が、自宅に開いた私塾で講義し、まとめたものである。1600年前の魂の叫びが、今いきいきとよみがえる名著。

目次

  • 第1講 序言
  • 第2講 喚求
  • 第3講 嬰児時代
  • 第4講 少年時代(上)
  • 第5講 少年時代(下)
  • 第6講 十六歳(上)
  • 第7講 十六歳(下)
  • 第8講 十七歳──十九歳(上)
  • 第9講 十七歳──十九歳(下)
  • 第10講 マニ教に入る(上)
  • 第11講 マニ教に入る(中)
  • 第12講 マニ教に入る(下)
  • 第13講 暗中摸索
  • 第14講 友情論
  • 第15講 美と適合論  ほか

製品情報

製品名 アウグスチヌス『告白』講義
著者名 著:矢内原忠雄 解説:中村勝己
発売日 1993年09月06日
価格 定価 : 本体1,150円(税別)
ISBN 978-4-06-159091-5
判型 A6
ページ数 360ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、1943年に教文館より発行された『アウグスチヌス「告白」講義』を底本としました。

著者紹介

著:矢内原忠雄(ヤナイハラタダオ)

1893年愛媛県生まれ。東京大学法科卒業。一高在学中、内村鑑三に感化され、キリスト教信徒となる。1923年、東京大学経済学部教授。1937年、反戦的思想を批判されて教授辞任。1946年に東京大学復帰、1951年に東京大学総長。著書に、『植民及植民政策』『イエス伝講話』『余の尊敬する人物』『帝国主義研究』『キリスト教入門』ほか。1961年没。