算数・数学が得意になる本

講談社現代新書
サンスウスウガクガトクイニナルホン
  • 電子あり
算数・数学が得意になる本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

つまずいても大丈夫!
マイナスかけるマイナスはなぜプラス?
本当の力がつく『数学的思考法』のレッスン

「くり上がり・くり下がりがわかるコツ」から微分積分まで、「つまずき」を乗り越えるヒントが満載!

目次

  • 第1部 小学校算数の「つまずき」
  •  1-1 「数」って何?
  •  1-2 くり上がり・くり下がりがわかるコツ
  •  1-3 検算の大切さ
  •  1-4 答えが大きく違ってしまうとき
  •  1-5 個数としての数、量としての数
  •  1-6 小数の掛け算・割り算
  •  1-7 分数の通分・約分と帯分数
  •  1-8 分数は掛け算も難しい
  •  1-9 「分数で割る」とはどういう意味か
  •  1-10 計算の規則を身につけるには
  •  1-11 時間の理解には時間が必要
  •  1-12 「文章題から式をつくれない」
  •  1-13 速さと「は・じ・き」
  •  1-14 平均は「足して個数で割る」でよい?
  •  1-15 用語(定義)を誤解していないか
  •  1-16 比と割合を理解するには
  •  1-17 「面積の公式が正しく使えない」
  •  1-18 立体図形を「体験」で理解する
  • 第2部 中学校数学の「つまずき」
  •  2-1 まず移項と数直線を学んでおこう
  •  2-2 「負の数」を含む掛け算・割り算
  •  2-3 掛け算記号の省略・累乗・絶対値
  •  2-4 方程式と恒等式
  •  2-5 「単位のない図形問題」の考え方
  •  2-6 証明の鍵は「三段論法」と「矛盾」
  •  2-7 ヒラメキがない人は才能がないか
  •  2-8 「そそっかしさ」を治すチャンス
  •  2-9 平方根と記号√のつまずき
  •  2-10 「関数」と「関数のグラフ」の意味
  •  2-11 「xy座標平面上の直線」の使い方
  •  2-12 「比例と反比例」は理科的に理解する
  •  2-13 円周角で学ぶ「ストラテジー」
  •  2-14 立体の体積と表面積

製品情報

製品名 算数・数学が得意になる本
著者名 著:芳沢光雄
発売日 2006年05月18日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-149840-2
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 算数・数学が得意になる本
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る