赤毛のアン (新装版)

青い鳥文庫
アカゲノアンシンソウバン
  • 電子あり
赤毛のアン (新装版)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界中で愛されているカナダの小説、『アン・オブ・グリン・ゲイブルス』。

日本で広く知られている『赤毛のアン』というタイトルを思いついたのは、翻訳者である村岡花子(1893~1968)です。

村岡花子は、第二次世界大戦中、防空壕に原稿を持ち込むなど苦労を重ねながら『アン・オブ・グリン・ゲイブルス』の翻訳をすすめ、戦後、1952年(昭和27年)、日本の読者にようやく紹介することができました。

50年近く愛されているこの村岡花子訳を、原作出版100周年の2008年、青い鳥文庫では、新装版として新たに編み直しました。
児童向けとして割愛されていたエピソードを新たに収録、「さんざし」「いちご水」「腹心の友」など、往年のアンのファンに親しまれてきた表現はそのままに、「さしこ」は原語の「キルト」にもどすなど、いまの読者に、より親しみやすくしました。

三代にわたって楽しめる「赤毛のアン」シリーズ。
あなたも青い鳥文庫版で、アンと「腹心の友」になりませんか。


<総ルビ>

目次

  • もくじ
  • 第一章 レイチェル・リンド夫人のおどろき
  • 第二章 マシュウ・クスバートのおどろき
  • 第三章 マリラ・クスバートのおどろき
  • 第四章 グリン・ゲイブルスの朝
  • 第五章 アンの身の上
  • 第六章 マリラの決心
  • 第七章 アンのお祈り
  • 第八章 アンの教育
  • 第九章 レイチェル・リンド夫人あきれかえる
  • 第十章 アンのおわび
  • 第十一章 アン、日曜学校へ行く
  • 第十二章 おごそかな誓い
  • 第十三章 待ちこがれるピクニック
  • 第十四章 アンの告白
  • 第十五章 教室のできごと
  • 第十六章 ティーパーティの悲劇
  • 第十七章 新しい刺激
  • 第十八章 アンの看護婦
  • 第十九章 音楽会と災難と告白
  • 第二十章 ゆきすぎた想像力
  • 第二十一章 香料ちがい
  • 第二十二章 アン、お茶に招かれる
  • 第二十三章 アンの名誉をかけた事件
  • 第二十四章 音楽会
  • 第二十五章 マシュウとふくらんだ袖
  • 第二十六章 物語クラブの結成
  • 第二十七章 虚栄の果て
  • 第二十八章 たゆとう小舟の白ゆり姫
  • 第二十九章 忘れられないひとこま
  • 第三十章 クイーン学院の受験
  • 第三十一章 二つの流れの合うところ
  • 第三十二章 合格発表
  • 第三十三章 ホテルの音楽会
  • 第三十四章 クイーンの女学生
  • 第三十五章 クイーン学院の冬
  • 第三十六章 栄光と夢
  • 第三十七章 死のおとずれ
  • 第三十八章 道の曲がり角
  • あとがきにかえて  村岡美枝

製品情報

製品名 赤毛のアン (新装版)
著者名 著:モンゴメリ,L.M. 訳:村岡 花子 絵:HACCAN
発売日 2008年07月31日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-148793-2
判型 新書
ページ数 360ページ
電子版製品名 青い鳥文庫 赤毛のアン(1)
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

著:モンゴメリ,L.M.(モンゴメリ,ルーシー.モード)

1974年(明治7年)カナダのプリンス・エドワード島生まれ。1905年『赤毛のアン』を書き上げる。1908年アメリカ、ボストンのページ社から同書を刊行し、一躍人気作家に。1911年牧師と結婚、二男をもうける。1942年トロント市にて没。

訳:村岡 花子(ムラオカ ハナコ)

1893年山梨県生まれ。東洋英和女学院高等科卒業。1927年はじめての訳書『王子と乞食』を出版。「赤毛のアン」シリーズ全10巻、「エミリー」三部作など訳書多数。1968年没。

絵:HACCAN(ハッカン)

1978年、北海道生まれ。)、「赤毛のアン」シリーズ、「七時間目」シリーズ(以上、講談社青い鳥文庫)「ベルガリアード物語」シリーズ(ハヤカワ書房)、「アモス・ダラゴン」シリーズ(竹書房)、「名探偵神津恭介」シリーズ(ポプラ社)、「サーティナインクルーズ」シリーズ(メディア・ファクトリー)などの挿絵のほか、カードゲーム『デュエルマスターズ』のイラストなど幅広く手がける。

オンライン書店で見る