アンの娘リラ 赤毛のアン(8)

青い鳥文庫
アンノムスメリラアカゲノアン8
  • 電子あり
アンの娘リラ 赤毛のアン(8)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「アン一家のお話」のラストも、愛と感動がいっぱい!

アンの子どもたちは成長し、末娘リラは15歳。
そんなしあわせなアン一家にも、第一次世界大戦の影がしのびより、
兄たちは戦争へ、そして、リラが思いをよせていたケネスもそれに続き……。
大きな不安や悲しみ、さまざまな試練がふりかかる中でも、
希望を胸に明るく成長していくリラ。
そして、戦争がおわってまもないある日、
玄関のベルがなり、ドアをあけたリラの前に立っていたのは……。

大人気「赤毛のアン・シリーズ」第8弾!

<世界の名作 小学上級から 総ルビ>

製品情報

製品名 アンの娘リラ 赤毛のアン(8)
著者名 作:ルーシー.モード・モンゴメリ 訳:村岡 花子 絵:HACCAN
発売日 2020年10月14日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-521068-0
判型 新書
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫
初出 本書は村岡花子が児童書として抄訳した『アンの娘リラ』(1966年2月20日初版 講談社)を底本に、漢字、かなづかい、訳などを読みやすくあらためたものです。

著者紹介

作:ルーシー.モード・モンゴメリ(ルーシー.モード・モンゴメリ)

1874年(明治7年)カナダのプリンス・エドワード島生まれ。1905年「赤毛のアン」を書き上げる。1908年アメリカ、ボストンのページ社から同書を刊行し、一躍人気作家に。1911年牧師と結婚、二男をもうける。1942年トロント市にて死去。

訳:村岡 花子(ムラオカ ハナコ)

1893年山梨県生まれ。東洋英和女学校高等科卒業。1927年はじめての訳書「王子と乞食」を出版。「赤毛のアン」シリーズ全10巻、「エミリー」3部作、『母の肖像』など、訳書多数。1968年死去。

絵:HACCAN(ハッカン)

1978年北海道生まれ。「お嬢様探偵ありす」シリーズ(講談社青い鳥文庫)、「アモス・ダラゴン」シリーズ(竹書房)、「サーティーナイン・クルーズ」シリーズ(KADOKAWA)などの挿絵のほか、TVゲーム「聖剣伝説」シリーズ(スクウェア・エニックス)のイラストなど幅広く手がける。

おすすめの本

オンライン書店で見る