「アンドロメダの涙 久閑野高校天文部の、秋と冬」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
  • 受賞作
アンドロメダの涙 久閑野高校天文部の、秋と冬

11月の文化祭で、えるもたち天文部はプラネタリウムを上映することになった。
技術面のサポート要員として、工業科2年で嵐士先輩の幼なじみの淳先輩を迎え、プラネタリウム作りを開始する。
天球儀の穴あけ作業に加え、段ボールドームの準備や解説原稿の製作などで、天文部員たちはてんやわんや。
そんな中、まわりから自分の進路について考えるように言われたえるもは、嵐士先輩や淳先輩たちの進路選択を間近で見ながら、迷い悩む--。

中学から