「臆病者のコミュニケーション 考える、思いつく、伝える」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
臆病者のコミュニケーション 考える、思いつく、伝える

著者だって、臆病者でした。孤独でした。それが、長年広告クリエーティブで仕事をしています。
上智大学で「伝える講座」を展開しています。40年の実績から導き出されたノウハウとは?

本書では理論+実践で、臆病者でも使える発想法、コミュニケーション術を解説していきます。

「えっ、そうだったのか?」と心が軽くなり、今日からすぐに使えます。

考え、感じ、思いつき、伝え、伝えられる、反応する。
ハッピーなコミュニケーションの仲間になりましょう。
コミュニケーション不足が原因で、職や大事な人を失わないためにも!