「ミッドナイト・ジャーナル」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
  • 映像化
  • 受賞作
ミッドナイト・ジャーナル

記者たちの熱意、それだけに徹した三百六十七ページ。――宮部みゆき(読売新聞4/17刊)入魂の書である。――星野智幸(朝日新聞4/10刊)面白さも完成度も『クライマーズハイ』に匹敵する傑作。――北上次郎(「読楽」3月刊)誤報を打ち飛ばされた3人の記者。その七年後、児童連続誘拐事件が発生。さいたま支局の豪太郎はかつての事件との関連性を疑い、独自に取材を開始する。


記者たちの熱意、それだけに徹した三百六十七ページ。――宮部みゆき(読売新聞4/17刊)
入魂の書である。――星野智幸(朝日新聞4/10刊)
面白さも完成度も『クライマーズハイ』に匹敵する傑作。――北上次郎(「読楽」3月刊)
熱気がある、ユーモアがある、独特の軽快さがある。今年の本命作登場だ。――温水ゆかり(
「GINGER」4月号)
マスコミ不信、警察不信が声高に叫ばれる今こそ読まれるべき、正義と情熱の物語。本城雅人は、この一冊を書くために作家になった。――吉田大助

「被害者女児死亡」――世紀の大誤報を打ち、飛ばされた3人の記者。その七年後、児童連続誘拐事件が発生。さいたま支局の関口豪太郎はかつての事件との関連性を疑い、東京本社の藤瀬祐里は豪太郎の応援に合流し、整理部員となった松本博史は二人を静観する。間違っているのかもしれない。無意味なのかもしれない。しかし豪太郎は諦めない。タネを撒き、ネタに育て、真実を獲得するため、今日も真夜中に動き出す。
特別な結果を出すのは、いつだって、本気の人間だ。