「扶養の壁」に悩む人が働き損にならないための38のヒント

フヨウノカベニナヤムヒトガハタラキゾンニナラナイタメノ38ノヒント
「扶養の壁」に悩む人が働き損にならないための38のヒント
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

【構成】
1章 「年収にしばられる」働き方を続けたいですか?妻が扶養でいることは「損」か「得」か?
女性がどう働くか?立ちはだかる扶養のジレンマ/扶養と言えば「103万円」と思ってしまう理由/3つのメリットが「扶養内で働く方が賢い」と思わせる/扶養の仕組みが2024年10月から変わる!

2章 税金や社会保険…家計から払うお金といつもにらめっこ 「私が悩む理由はどこ?」がわかる「6つの扶養の壁」
税金、社会保険、手当……扶養の仕組みは「3つ」ある/自分の「所得48万円」が扶養の分かれ目/ 「夫の所得税率」を簡単に割り出す方法/夫の勤め先の健康保険組合によって扶養条件が違う/「もらえるお金や条件」は夫の勤め先でチェックを!/扶養に入る際に知っておきたい!6つの年収の壁/「100万円の壁」ここがポイント/妻に「住民税」の支払いが発生するだけ/「100万円の壁」を越えたらどうなる?/ 「103万円の壁」ここがポイント1妻に所得税がかかり始める分岐点とは?「103万円の壁」ここがポイント2/実際に気にするのは「150万円」でいい理由/「103万円の壁越え」で注意したい4つのケース/「103万円の壁」を越えたらどうなる?/「150万円と201万円の壁」/201万円以上稼ぐと「夫の税金の優遇」がなくなる/150万円と201万円の壁を越えたらどうなる?/「106万円の壁」ここがポイント1/小さい会社でも社会保険が適用されるように/「106万円の壁」ここがポイント2/カン違いしやすい条件の「盲点」を理解しよう/「106万円の壁」よくあるQ&A/「106万円の壁」を越えたらどうなる?
/「130万円の壁」ここがポイント/条件にある金額の数字をうのみにしない!/「130万円の壁」よくあるQ&A/「130万円の壁」扶養のカン違いで損する人5つの注意/「130万円の壁」を越えたらどうなる?/夫の会社から「手当の返還」を求められるケースに注意!

3章 チャートとチェックポイントであなたの未来がわかる! 迷ってる人の悩みが解決!「扶養を外れる」人はどんなタイプか
「扶養を外れるか否か」妻が持つべき視点とは/扶養を外れる時に「夫」と話すべきこと
/「生き方」「世帯年収」扶養だけに縛られない働き方もある/扶養の壁を越えると「手取りはどうなる?」7つのパターンで検証!/いくら稼ぐと扶養を外れても得するのか?(前編)/いくら稼ぐと扶養を外れても得するのか?(後編)/扶養を外れて「年収180万円」の働き方を選んだ実例3人の話/「私はどうすればいいの?」大切なのはたった1つの視点/50代で知っておきたい扶養の話
 
4章 「扶養外れ」のメリットとデメリットをおさらい お金も安心で働き方も自由に!扶養から飛び出したら起こること
扶養を外れると、働く人や企業側も選択肢が広がっていく/社会保険に加入すれば」万が一」や「老後」の保障がアップ/扶養外れのデメリットとの向き合い方も大事になる/扶養を外れて働き出した4人の夢と現実ストーリー/基礎からわかる!「扶養」の用語集

製品情報

製品名 「扶養の壁」に悩む人が働き損にならないための38のヒント
著者名 著:塚越 菜々子
発売日 2024年07月18日
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-06-536474-1
判型 A5
ページ数 128ページ

著者紹介

著:塚越 菜々子(ツカゴシ ナナコ)

"株式会社KANATTA代表。保険を売らないファイナンシャルプランナー(CFP・1級ファイナンシャル・プランニング技能士)。1984年神奈川県生まれ。税理士事務所に15年間勤務し、500件を超える企業や個人の財務に携わる。2017年に独立後、2800人の家計や資産運用のサポートを行う。
 家計簿なしで貯まる仕組みを作る「家計改革プログラム」を独自に開発。平均的な家計に合わせるのではなく、わが家が大事にしている部分にお金を使う家計作りが好評。多くの女性から支持され、「月28万円の赤字を改善」「専業主婦家計が年間200万貯蓄できた」など喜びの声が絶えない。SNSやYouTube(登録者数9.7万人)で身近なお金について、わかりやすく発信。TBS『Nスタ』、日本テレビ『ZIP!』、テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』等、メディア出演多数。著書に『書けば貯まる!共働きにピッタリな一生モノの家計管理』(翔泳社)、『お金の不安をこの先ずーっとなくすために今できる46のこと』(扶桑社)がある。
"

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス