明代二大茶書 張源『茶録』・許次ショ『茶疏』 全訳注

講談社学術文庫
ミンダイニダイチャショチョウゲンチャロクキョジショチャソゼンヤクチュウ
  • 電子あり
明代二大茶書 張源『茶録』・許次ショ『茶疏』 全訳注
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

まえがき

張源『茶録』
  張源『茶録』について
   はじめに
   日本伝存の張源『茶録』について
   「中郎先生茶譜」と題された張源『茶録』
   張源『茶録』の後世への影響
 
張源『茶録(張伯淵茶録)』
   凡例
   茶録引(序文)
   採茶(茶を採る)
   造茶(茶を造る)
   辨茶(茶の良し悪しを判断する)
   蔵茶(茶を蔵める)
   火候(火加減)  
   湯辨(湯の沸き加減を見分ける)
   湯有老嫩(湯には煮え過ぎと沸かしたてがある)
   泡法(淹れ方)
   投茶(茶を投ずる)
   飲茶(茶を飲む)
   香(香り)
   色(色)
   味(味)
   点染失真(添加物を加えると真味を失う)
   茶変不可用(変質した茶は用いてはならない)
   品泉(泉を品評する)
   井水不宜茶(井戸水は茶に適さない)
   貯水(水を貯える)
   茶具(茶の道具)
   茶盞(茶椀)
   拭盞布(茶碗を拭く布)
   分茶盒(茶入れに分ける)
   茶道(茶の道)

許次しょ(糸+予)『茶疏』
  許次しょ(糸+予)『茶疏』について
    許次しょ(糸+予)伝
    凡例
    題許然明茶疏序(許然明の茶疏に題する序)  姚紹憲
    茶疏小引  許世奇
 許然明 茶疏
   産茶(茶の産地)
   今古製法(古今の製茶方法)
   採摘(茶摘み)
   炒茶(茶を炒る)
   かい中製法(かい茶の製法)
   収蔵(貯蔵)
   置頓(置き場所)
   取用(取り出して用いる)
   包せき(紙で包むと茶は傷む)
   日用頓置(日頃の置き場所)
   択水(水を択ぶ)
   貯水(水を貯える)
   〓水(甕から水を汲む)
   煮水器(湯を沸かす器)
   火候(火加減)
   烹点(淹れ方)
   秤量(水と茶の量)
   湯候(湯加減)
   甌注(茶甌〔茶碗〕と茶注〔急須〕)
   とう滌(茶器を洗う)
   飲啜(飲み方)
   論客(客との対応について)
   茶所(茶寮)
   洗茶(茶を洗う)
   童子(ボーイ)
   飲時(飲みどき)
   宜輟(茶を止めるとき)
   不宜用(使ってはいけないもの)
   不宜近(近づいてはいけないもの)
   良友(よき友)
   出遊(野山で遊ぶ)
   権宜(臨時の対応)
   虎林水(杭州の水)
   宜節(節度をもって)
   辯訛(誤りを正す)
   攷本(茶の本性を考える)
   (許次しょによる後書き)

製品情報

製品名 明代二大茶書 張源『茶録』・許次ショ『茶疏』 全訳注
著者名 著:張 源 訳:岩間 眞知子
発売日 2023年08月10日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-533080-7
通巻番号 2781
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

著:張 源(チョウ ゲン)

字は、伯淵、号は樵海山人。洞庭山に隠棲した文人と思われる。

訳:岩間 眞知子(イワマ マチコ)

1952年生まれ。早稲田大学文学研究科(美術史)修士課程修了。東京国立博物館特別研究員、人間文化研究機構研究員、日本医史学会代議員などを経て、現在、静岡県ふじのくに茶の都ミュージアム客員研究員。
著書に、『茶の医薬史 中国と日本』『栄西と「喫茶養生記」』『喫茶の歴史 茶薬同源をさぐる』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る