語りかける量子化学 原子と物質をつなぐ14章

カタリカケルリョウシカガクゲンシトブッシツヲツナグジュウヨンショウ
  • 電子あり
語りかける量子化学 原子と物質をつなぐ14章
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

  • 第0章 はじめに~なぜ量子化学を学ぶのか
  •  0.1 水とアルコール
  • 第1章 量子化学の書きコトバ
  •  1.1 原子の構造
  •  1.2 状態の表し方
  • 第2章 電子が従う方程式
  •  2.1 原子の電子状態
  •  2.2 エネルギー準位
  •  2.3 パウリの禁制律
  • 第3章 2個以上の電子をもつ原子
  •  3.1 構成原理
  •  3.2 スピン角運動量
  • 第4章 粒子としての光
  •  4.1 光のエネルギー
  • 第5章 原子はなぜつながるのか
  •  5.1 共有結合
  •  5.2 原子価結合法
  •  5.3 分子構造との関係
  • 第6章 分子軌道の考え方
  •  6.1 一電子波動関数
  •  6.2 多電子波動関数
  • 第7章 π共役系分子の分子軌道
  •  7.1 ヒュッケル近似
  •  7.2 LCAO係数からわかること
  • 第8章 分子の形と電子状態
  •  8.1 芳香族化合物
  •  8.2 対称性と軌道の型
  • 第9章 分子と光の相互作用
  •  9.1 光の吸収
  •  9.2 光と化学反応
  • 第10章 電荷の偏りが生む現象
  •  10.1 分子の極性
  •  10.2 配向分極と誘起分極
  • 第11章 分子間に働く力
  •  11.1 分子間相互作用
  •  11.2 液体の物性
  • 第12章 固体の電子状態
  •  12.1 固体状態
  •  12.2 結晶場理論と配位子場理論
  •  12.3 結晶とバンド理論
  • 第13章 分子構造と物性
  •  13.1 水とアルコール・ふたたび

製品情報

製品名 語りかける量子化学 原子と物質をつなぐ14章
著者名 著:北條 博彦
発売日 2023年06月01日
価格 定価:3,410円(本体3,100円)
ISBN 978-4-06-531904-8
判型 A5
ページ数 272ページ

著者紹介

著:北條 博彦(ホウジョウ ヒロヒコ)

北條博彦(ほうじょう ひろひこ)
1998年、東京工業大学大学院生命理工学研究科博士課程修了。
産業技術総合研究所を経て、現在、東京大学環境安全研究センター(兼・生産技術研究所)教授。
専門は、結晶工学、有機物理化学、理論・計算機化学。
著書に「物質科学を学ぶ人の 空間群練習帳」(コロナ社)、「化学基礎」(共著、化学同人)、「化学・バイオがわかる物理111講」(共著、オーム社)、「高校で教わりたかった化学」(共著、日本評論社)などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る