帰ってきたお父ちゃん

文芸(単行本)
カエッテキタオトウチャン
  • 電子あり
帰ってきたお父ちゃん
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

帰ってきたお父ちゃん 目次

序章 お父ちゃん、ガンを宣告される 
余命二年の宣告/お父ちゃんを看取れるの? 

第一章 ある日あらわれたお父ちゃん 
写真の男の人/八百屋に嫁ぎ損なったセッちゃん/よくわからないラブラブ生活/部屋がプロレスのリングに/ひよこ事件 /鶏小屋の次は飯場/セッちゃん、宗教に走る/さよなら、お元気で!/ピンク色の日々/再び、お父ちゃんあらわる/小さなお嫁さん/遠いところに行ってしまったゆず /石ころを握りしめ/角刈りにされる/再び入り込んできたお父ちゃん/素麺づくし

第二章 青春、そして芸能界へ! 
ヰタ・セクスアリス/リーゼント頭の兄貴/兄貴、大人になる/山吹が咲く家へ/相変わらずのどんぶり勘定/友達と芸能事務所のオーディションに/芸名は「水島かおり」/私がアイドル?/もう戻れない

第三章 荒れる我が家 
家を乗っ取られる/セッちゃんの恋/爆発そして、戦いの日々/崩壊していく我が家/セッちゃん、手術する/お父ちゃん、入院費を持ってきて!/小さな笑顔/アイドルの過酷な日々/何よりも苦しいレッスンとは/ついに逃走する/静か過ぎる別荘での生活 /混乱してダチョウ頭に/信じたくないセッちゃんの余命/それぞれの思い/『あしたのジョー』に助けられる/からだ張って、地固まる/大切な日々

第四章 ハチャメチャ家族旅行
オヤジのせいで山から海へ/再び、“ガムテープ巻き”に/海へ!/地響き、ダニを呼ぶ?/カナヅチなのにがんばる/お父ちゃんウルトラマンになる/ふたりで飲みながら

第五章 寄り添う日々 
ひとときの平穏な日々/セッちゃんとの切ない約束/お見舞いにこないお父ちゃん/母ではなく知らない女の人/かわりにケリをつける/セッちゃん名義のサラ金カード/神様なんていない/押し入れに隠された本/不思議な線香の匂い/セッちゃんとの声なき会話/壮絶に美しい笑顔/最高のお別れのプレゼント/強烈な、あんちゃんのさよなら/ふたりだけの最期の時間/埴生の宿

第六章 お父ちゃんとの対決 
波乱の幕開け/すべてランクだらけ/台所の天井に穴があく/信じられない裏切り/鬼より恐いセッちゃんの顔/引田天功、走ってくる/黄色いパジャマのセッちゃん/対決/小さなカマキリ/みんなの協力/おじちゃんが語るお父ちゃんのはなし/セッちゃんの手紙/訣別の成人式/ひっくり返った位牌の夢/初めての普通の暮らし

第七章 七年ぶりの再会 
七年ぶりの再会/セッちゃんのすずめの丸焼きの思い出/お父ちゃんの家に行く/それぞれの七年間/再び途絶えた連絡/血の穴に落ちて/ごめんね、アキちゃんとおじちゃん/サイパンに行こう!/菅原文太、登場/ヤシの実泥棒/夕陽に向かうエイ/星野とのゴルフをドタキャン/哀愁の後ろ姿?/バンザイクリフでご乱心/旅の相手は選ばないと

第八章 力の限りがんと闘う
よし、心を決めた/ぼけたおばあちゃん/楽に死ぬための手術 ほか

第九章 不思議な旅立ち
再発と逃亡 ほか

製品情報

製品名 帰ってきたお父ちゃん
著者名 著:水島 かおり
発売日 2022年09月07日
価格 定価:1,870円(本体1,700円)
ISBN 978-4-06-528907-5
判型 四六
ページ数 272ページ

著者紹介

著:水島 かおり(ミズシマ カオリ)

水島 かおり (みずしま・かおり)
1964年東京都生まれ。女優、映画編集者、脚本家。友人のオーディションに同行してスカウトされ、’80年にTVドラマ『小さな追跡者』でデビュー。映画デビューは『ねらわれた学園』。アイドルユニット「Lady oh!」のメンバーとしても活動していた。女優として多数のドラマ、映画に出演。2010年代以降は、夫の映画監督・長崎俊一の作品に雲丹名義で映画編集に、また矢沢由美名義で脚本という形で大きくかかわっており、10月14日公開の映画『いつか、いつも……いつまでも。』にも女優として出演、脚本も執筆している。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る