汝、星のごとく

文芸(単行本)
ナンジホシノゴトク
  • 電子あり
  • 受賞作
  • イベント
汝、星のごとく
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

製品情報

製品名 汝、星のごとく
著者名 著:凪良 ゆう
発売日 2022年08月04日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-528149-9
判型 四六
ページ数 352ページ
初出 「小説現代」2022年5・6月合併号(前編掲載) 「小説現代」2022年7月号(後編掲載) 単行本化に当たり、全編を加筆改稿しています。

著者紹介

著:凪良 ゆう(ナギラ ユウ)

【凪良ゆう(なぎら・ゆう)】
京都市在住。2007年に初著書が刊行され本格的にデビュー。BLジャンルでの代表作に連続TVドラマ化や映画化された「美しい彼」シリーズなど多数。17年に『神さまのビオトープ』(講談社タイガ)を刊行し高い支持を得る。19年に『流浪の月』と『わたしの美しい庭』を刊行。20年『流浪の月』で本屋大賞を受賞。同作は22年5月に実写映画が公開された。20年刊行の『滅びの前のシャングリラ』で2年連続本屋大賞ノミネート。本書は、第168回直木賞候補、第44回吉川英治文学新人賞候補、2022王様のブランチBOOK大賞、キノベス!2023第1位、そして23年、2度目となる本屋大賞受賞作に選ばれた。

お知らせ・ニュース

イベント
『汝、星のごとく』の続編『星を編む』発売記念 凪良ゆうさんオンライントークショー「なぎらのとびら2」 開催!
◆日時:2023年12月7日(木)20:00~
◆開催方式:ZOOMウェビナー機能を使用した配信
◆参加条件:対象書店で『星を編む』を購入

※詳細は、リンク先のこのイベントのお知らせページでご確認ください。
お知らせ
【YouTube】凪良ゆう『汝、星のごとく』プロジェクションマッピング花火【#本屋で花火を見上げよう】
「書店に訪れる人を増やしたい。書店は本を買うだけではなく、様々な物語の出会いと喜びのある場所だということを伝えたい。」
本屋大賞を二度受賞した作家・凪良ゆうさんの思いから企画された“花火大会”。
2023年8月19日(土)に六本木 蔦屋書店のウインドウに投影された「プロジェクションマッピング花火」。
上がる花火は、本屋大賞を受賞した小説『汝、星のごとく』の作中に描かれた愛媛県今治市の「おんまく」祭りの花火をモチーフとしたものです。
お知らせ
【YouTube】凪良ゆう『汝、星のごとく』花火大会【#本屋で花火を見上げよう】
「書店に訪れる人を増やしたい。書店は本を買うだけではなく、様々な物語の出会いと喜びのある場所だということを伝えたい。」
本屋大賞を二度受賞した作家・凪良ゆうさんの思いから企画された“花火大会”。
2023年8月19日(土)に六本木 蔦屋書店で行われたイベントのダイジェスト版です。
お知らせ
『汝、星のごとく』が第10回高校生直木賞を受賞しました!(2023.5.21)
受賞作
『汝、星のごとく』…2023年本屋大賞 受賞 (2023.4.12)
お知らせ
『汝、星のごとく』が「王様のブランチ」2022年ブランチBOOK大賞を受賞しました!(2022.12.24)
お知らせ
『汝、星のごとく』がキノベス!2023 第1位に選ばれました!(2022.12.23)
お知らせ
『汝、星のごとく』が第6回未来屋小説大賞 第2位に選ばれました!(2022.12.23)
お知らせ
『汝、星のごとく』がミヤボン2022ーMiyawaki Book Awards2022ーに選ばれました!(2022.12.16)
お知らせ
『汝、星のごとく』がダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2022 小説部門 第3位にランクインしました!(2022.12.6)
お知らせ
『汝、星のごとく』がApple Booksの2022年ベストブック【フィクション部門】に選ばれました!(2022.12.2)
特集・レビュー
わたしは愛する男のために人生を誤りたい──究極の恋愛小説を凪良ゆうが語る
『流浪の月』で「2020年本屋大賞」を受賞した翌年、再びノミネートされた『滅びの前のシャングリラ』から2年。凪良ゆうさん待望の新作『汝、星のごとく』がついに完成した。世間の“常識”とは違うカタチで愛を貫く人たちの生きざまを描き続ける凪良さんが本作にこめた想いとは。編集担当の河北壮平とともに語る。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る