グリム兄弟とアンデルセン

講談社学術文庫
グリムキョウダイトアンデルセン
  • 電子あり
グリム兄弟とアンデルセン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「ヘンゼルとグレーテル」や「赤ずきん」を伝えた勤勉な学者肌のグリム兄弟と、「人魚ひめ」や「マッチ売りの少女」を生んだ奔放な旅人アンデルセン。対照的な人生を送った童話の巨星たちのあいだには、しかし実際の接触のみならず、意外な共通点もあって……。
童話の最高峰と並び称される両者の著作と生涯を突き合わせることで見えてくる、童話に秘められた深層、そしてそこに表れる深い人間理解とは?
全集の翻訳も手掛けたドイツ文学の第一人者が共感あふれる筆致で綴った、忘れがたい一冊。

[本書の内容]
まえがき
1 アンデルセンとグリム兄弟との出会い
2 グリム兄弟の生涯
3 アンデルセンの生涯
4 学究者と作家――著作の比較
5 生の軌跡――愛と孤独
6 メルヒェンの語り手
7 グリム兄弟と私
8 アンデルセンと私
9 結び
グリム兄弟とアンデルセンの年表

目次

  • まえがき
  • 1 アンデルセンとグリム兄弟との出会い
  • 2 グリム兄弟の生涯
  • 3 アンデルセンの生涯
  • 4 学究者と作家――著作の比較
  • 5 生の軌跡――愛と孤独
  • 6 メルヒェンの語り手
  • 7 グリム兄弟と私
  • 8 アンデルセンと私
  • 9 結び
  • グリム兄弟とアンデルセンの年表

製品情報

製品名 グリム兄弟とアンデルセン
著者名 著:高橋 健二
発売日 2022年05月12日
価格 定価:1,012円(本体920円)
ISBN 978-4-06-528155-0
通巻番号 2719
判型 A6
ページ数 216ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1987年に東京書籍より刊行されました。

著者紹介

著:高橋 健二(タカハシ ケンジ)

1902-1998年。東京生まれ。東京帝国大学独文科卒業。ドイツ文学者。中央大学名誉教授。第8代ペンクラブ会長,日本アンデルセン協会会長を歴任。訳書に『グリム童話全集』『アンデルセン童話全集』,著書に『ヘルマン・ ヘッセ』ほか多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る