国民とは何か

講談社学術文庫
コクミントハナニカ
  • 電子あり
国民とは何か
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「国民の存在は日々の人民投票である」――
この有名な言葉が見出される本書は、エルネスト・ルナン(1823-92年)が今からちょうど140年前、1882年3月11日にパリのソルボンヌで行った名高い講演の記録です。
文献学者として出発したルナンは、その手法を用いて宗教史に取り組み、コレージュ・ド・フランスの教授に就任しましたが、イエスを「比類なき人間」だと断言したことで物議を醸しました。その主張は1863年に『イエスの生涯』(邦訳・人文書院)として出版され、たちまち大ベストセラーとなって名を馳せます。
そんなルナンが、なぜ「国民」について論じることになったのか? そのきっかけは普仏戦争(1870-71年)での祖国フランスの敗北にあります。第二帝政の崩壊、パリ・コミューンの騒擾、そしてアルザス・ロレーヌの割譲といった政治的悲劇を目のあたりにした宗教史家は、にわかにナショナリストとしての顔を見せ始め、政治的な発言を積極的に行うようになりました。その白眉とも言うべきなのが、敗戦から10年あまりを経て行われた本書の講演にほかなりません。
振り返れば、フランス革命に起源をもつとされる「国民国家」の根幹をなす「国民」とは、いったい何なのでしょう? ルナンは、人種、言語、宗教、さらには利害の共通性、国境など、さまざまな要因を検討した上で、それらのいずれも「国民」を定義するには不十分であることを明らかにします。そうして至りついたのが「国民とは魂であり、精神的原理です」という主張でした。国民という「魂」を形成しているものは二つ――過去の栄光と悔恨の記憶、そしてともに生きていこうとする意志です。これら二つを現在という時の中に凝縮した形で述べた定義が、冒頭に挙げた「国民の存在は日々の人民投票である」だったのです。
本書は、フィヒテの『ドイツ国民に告ぐ』(1808年)と並ぶ「国民」論の古典中の古典として読み継がれ、アーネスト・ゲルナー『国民とナショナリズム』(邦訳『民族とナショナリズム』岩波書店)、ベネディクト・アンダーソン『想像の共同体』(邦訳・書籍工房早山)など、20世紀のナショナリズム研究を生み出す基礎になりました。その流れは、グローバリズムの進展の中で逆説的にも国民国家が存在感を増している今日もなお継続されています。
にもかかわらず、本書は日本では文庫版で読むことができずにきました。最適任の訳者を得て実現した明快な新訳は、現代世界を理解するために不可欠の1冊となるはずです。

目次

  • I
  • II
  • III
  • 訳者解説
  • 訳者あとがき

製品情報

製品名 国民とは何か
著者名 著:エルネスト・ルナン 訳:長谷川 一年
発売日 2022年04月14日
価格 定価:660円(本体600円)
ISBN 978-4-06-527857-4
通巻番号 2702
判型 A6
ページ数 88ページ
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

著:エルネスト・ルナン(エルネスト・ルナン)

1823-92年。フランスの宗教史家・文献学者。主な著書として、本書(1882年)のほか、『キリスト教起源史』(1863-83年)など。

訳:長谷川 一年(ハセガワ カズトシ)

1970年生まれ。同志社大学教授。主な訳書に、ミラー『ナショナリティについて』、シュナペール『市民権とは何か』(以上、共訳)ほか。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る