人生百年の教養

講談社現代新書
ジンセイヒャクネンノキョウヨウ
  • 電子あり
人生百年の教養
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

自分の人生と戦い続けるためにーー老いてこそ真価を発揮する教養とは何か。
読書、音楽、外国語、老い……、ドストエフスキー研究の第一人者が多角的な見地から真の「教養」に迫る。

●時を経た「再読」が、老いてからの可能性を教えてくれる
●教養人の知識は、つねに「哲学」に裏付けられている
●苦手なもの、嫌いなものこそ可能性の泉となる
●大江健三郎と村上春樹から考える「教養」の継承
●難解な長編小説を読むコツは、冒頭三十ページの二度読み
●英語を学ぶことで失うもの、母語の唯一性
●検索エンジンでの複数の語をぶつけあって生まれる「知」
●豹変を恐れるな、隣人の「喜び」を模倣せよ
●老いをどう乗り越えるかーーエネルギー源としての「忘却」

本書の内容
序章   人は信念とともに若く
第一章  「教養」、すこやかな喜怒哀楽
第二章  少年時代 「私」という書物1
第三章  青春時代 「私」という書物2
第四章  「私は外国語が苦手」
第五章  モンタージュ的思考
第六章  実践の技法
第七章  俯瞰的思考
第八章  老いの作法
終章   大厄災時代に贈る言葉

製品情報

製品名 人生百年の教養
著者名 著:亀山 郁夫
発売日 2022年04月13日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-527721-8
通巻番号 2656
判型 新書
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:亀山 郁夫(カメヤマ イクオ)

1949年、栃木県生まれ。ロシア文学者、名古屋外国語大学学長。東京外国語大学外国語学部卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。天理大学、同志社大学を経て、1990年より東京外国語大学外国語学部助教授、教授、同大学学長を歴任。2013年より現職。『新カラマーゾフの兄弟』(河出書房新社)、『ドストエフスキー 黒い言葉』(集英社新書)など著書多数。訳書にドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』(ともに光文社古典新訳文庫)など多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る