料理沖縄物語

講談社文庫
リョウリオキナワモノガタリ
  • 電子あり
料理沖縄物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

冬至の日のじゅうしぃ(雑炊)、正月に欠かせないなっと味噌、三月三日の女たちの祭りの重箱、折り目の日に食べるそうきのお汁、お墓の前の宴会・清明祭、祝いの席を彩るあんだぎい、一汁・白飯で肉親の野辺送り・・・戦前の沖縄・首里に生まれた著者が語る、記憶のなかの沖縄の味覚と、それを培った沖縄の心。

製品情報

製品名 料理沖縄物語
著者名 著:古波蔵 保好
発売日 2022年05月13日
価格 定価:726円(本体660円)
ISBN 978-4-06-528005-8
判型 A6
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は1983年6月に作品社より単行本として刊行された後、1990年1月に朝日文庫として刊行されました。

著者紹介

著:古波蔵 保好(コハグラ ホコウ)

古波蔵 保好(こはぐら・ほこう)
1910年(明治43年)3月23日、沖縄県那覇市首里出身。エッセイスト。東京外国語学校(現東京外大)印度語科中退。31年沖縄日日新聞社(のちの沖縄日報社)、41年から毎日新聞(はじめ那覇支局、のちに東京本社社会部)の記者となり、56年から同新聞論説委員としても健筆をふるった名文記者。65年に定年退社後は、評論家、エッセイストとして活躍。著書に『沖縄物語』『料理沖縄物語』など。『沖縄物語』で昭和56年度日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。文筆以外でも第一回MFUベストドレッサー賞を受賞するなど、幅広い分野で評価が高い。2001年(平成13年)8月30日逝去。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る