金田一少年の事件簿 小説版 雷祭殺人事件

講談社文庫
キンダイチショウネンノジケンボショウセツバンイカズチマツリサツジンジケン
  • 電子あり
  • 映像化
金田一少年の事件簿 小説版 雷祭殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人気コミックのドラマ原作小説が講談社文庫版で堪能できる!
高校の元クラスメイトが住む雲場村(くもばむら)を訪れた
金田一一(きんだいち・はじめ)と美雪(みゆき)。
その村では雷を崇める夏祭りが催されるという。
雷鳴の轟音が祭りの始まりを告げたのち、友人の屋敷で
”空蝉”(うつせみ)――蝉の抜け殻に覆われた死体が発見される。
この空蝉は、雷に捧げられた呪わしき供物なのか。
陽炎の中から現れた美少女の悲しき秘密とは--。
ハジメは事件現場から消えた足跡のからくりを見破れるのか。
表題作のほか短編「共犯者X」と「迷い込んできた悪魔(デモン)」の2編を収録。

製品情報

製品名 金田一少年の事件簿 小説版 雷祭殺人事件
著者名 著:天樹 征丸 絵:さとう ふみや
発売日 2022年04月15日
価格 定価:770円(本体700円)
ISBN 978-4-06-527656-3
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1998年6月 マガジンノベルス、2013年2月 講談社漫画文庫。

著者紹介

著:天樹 征丸(アマギ セイマル)

天樹征丸
東京都生まれ。漫画原作者、小説家、脚本家として多くのヒット作を手がける。
「週刊少年マガジン」連載の「金田一少年の事件簿」シリーズ、
『探偵学園Q』ほか、原作作品多数。小説版「金田一少年の事件簿」シリーズも執筆。

絵:さとう ふみや(サトウ フミヤ)

さとうふみや
埼玉県生まれ。第46回週刊少年マガジン新人漫画賞に『カーリ!』で入選し、デビュー。
1992年『金田一少年の事件簿』(原作:天樹征丸、金成陽三郎)が連載開始。
1995年同作品で第19回講談社漫画賞(少年部門)を受賞。
現在『金田一少年の事件簿30th』を「イブニング」にて連載中。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る