金田一少年の事件簿 小説版 オペラ座館・新たなる殺人

講談社文庫
キンダイチショウネンノジケンボショウセツバンオペラザカンアラタナルサツジン
  • 電子あり
  • 映像化
金田一少年の事件簿 小説版 オペラ座館・新たなる殺人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

孤島のホテル「オペラ座館」。かつて惨劇の舞台となった場所を、
金田一一(きんだいち・はじめ)少年は再び訪れる。
新劇場の完成を祝い上演される『オペラ座の怪人』。
だが、それはファントムの手によってまたも死の演目となってしまう!
劇団『幻想』メンバー達の裏に隠された不穏な人間関係。
そして四年前に起きた、黒沢オーナーの娘・美歌の自殺……。
かつての惨劇の舞台「オペラ座館」の悪夢は、再び繰り返されようとしていた!
ガールフレンドの七瀬美雪と過ごす、楽しいはずのバカンスは、
新たな殺人によってまた血に染められた。ファントムと名乗る怪人の正体を金田一少年が追う。
不朽の名作コミックがオリジナル・ストーリーで小説化。

製品情報

製品名 金田一少年の事件簿 小説版 オペラ座館・新たなる殺人
著者名 著:天樹 征丸 絵:さとう ふみや
発売日 2022年04月15日
価格 定価:770円(本体700円)
ISBN 978-4-06-527654-9
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1994年9月 マガジンノベルス、1998年10月 講談社文庫、2012年3月 講談社漫画文庫。

著者紹介

著:天樹 征丸(アマギ セイマル)

天樹征丸
東京都生まれ。漫画原作者、小説家、脚本家として多くのヒット作を手がける。
「週刊少年マガジン」連載の「金田一少年の事件簿」シリーズ、
『探偵学園Q』ほか、原作作品多数。小説版「金田一少年の事件簿」シリーズも執筆。

絵:さとう ふみや(サトウ フミヤ)

さとうふみや 
埼玉県生まれ。第46回週刊少年マガジン新人漫画賞に『カーリ!』で入選し、デビュー。
1992年『金田一少年の事件簿』(原作:天樹征丸、金成陽三郎)が連載開始。
1995年同作品で第19回講談社漫画賞(少年部門)を受賞。
現在『金田一少年の事件簿30th』を「イブニング」にて連載中。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る