東京棄民

講談社文庫
トウキョウキミン
  • 電子あり
東京棄民
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

これは、日本の未来に対する警告である。

感染者、重症者、死者、最多更新。最凶の新型コロナウイルス・東京株が蔓延した未来。政府は東京を見捨てる決意をした!

令和4年。新型コロナは再び変異を起こし、東京固有の株が猛威を振るっていた。大量の感染者。死者。なすすべがなくなった政府はいよいよ、「東京逆ロックダウン」、すなわち感染者を残し、東京都民を全国に分配し、東京をロックダウンすることを決意する。しかしろくな学歴もなく、正社員の立場も失い、漫画喫茶に寝泊まりしている主人公のイサムは政府の避難指示を受け取ることができず、東京に取り残されることになってしまった。

山本周五郎賞候補、大藪春彦賞受賞、業界最注目作家、初の文庫書下ろし。

製品情報

製品名 東京棄民
著者名 著:赤松 利市
発売日 2022年05月13日
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN 978-4-06-527614-3
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:赤松 利市(アカマツ リイチ)

1956年香川県生まれ。2018年「藻屑蟹」で第1回大藪春彦新人賞を受賞しデビュー。20年『犬』で第22回大藪春彦賞を受賞。他の著書に『鯖』『らんちう』『ボダ子』『女童(めのわらわ)』『アウターライズ』『白蟻女』『隅田川心中』『饗宴』『エレジー』、自らの来し方を綴ったエッセイ『下級国民A』がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る