海蝶 鎮魂のダイブ

文芸(単行本)
カイチョウチンコンノダイブ
  • 電子あり
海蝶 鎮魂のダイブ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

命がけで生きるってこういうことだ!

日本ただ一人の海上保安庁女性潜水士”海蝶“と、彼女を救ったのに海保を去った元隊員。
二人の再会は順風満帆とはいかなかった。震災の心の傷、そして今そこにある危機・最悪の洋上事件。
フェリー船687名の命運は海蝶・忍海愛に託された。感動のエンタテインメント「海保」ミステリー。

「心の傷と格闘する海保の二人。過酷な任務の思いが蘇る」ー海上保安庁特殊救難隊初代隊長・北岡洋志推薦

※海猿にならい、海上保安庁の女性潜水士は「海蝶」と呼ばれる。

©Eri Yoshikawa 2022

製品情報

製品名 海蝶 鎮魂のダイブ
著者名 著:吉川 英梨
発売日 2022年04月27日
価格 定価:1,870円(本体1,700円)
ISBN 978-4-06-527580-1
判型 四六変型
ページ数 352ページ

著者紹介

著:吉川 英梨(ヨシカワ エリ)

吉川 英梨(よしかわ・えり)
1977 年、埼玉県生まれ。著書は講談社文庫「新東京水上警察」シリーズ(既刊5冊『波動』『烈渦』『朽海の城 』『海底の道化師』『月下蝋人』)、「女性秘匿捜査官・原麻希」シリーズ、「警視庁53 教場」シリーズ、「十三階の女」シリーズのほか、『ハイエナ 警視庁捜査二課 本城仁一』『雨に消えた向日葵』『ダナスの幻影』など多数ある。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、サスペンス・ミステリーの新旗手として注目を集めている。本作は『海蝶 海を護るミューズ』(講談社文庫・本作と同月刊行)に続く「海蝶」シリーズ二作目。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る