鬼統べる国、大和出雲 古事記異聞

講談社文庫
オニスベルクニヤマトイズモコジキイブン
  • 電子あり
鬼統べる国、大和出雲 古事記異聞
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

橘樹雅(たちばなみやび)は研究テーマ「出雲」を調査するうちに、
国を追われて京都に連行されていた出雲族の存在を知る。

在野の研究者・金澤千鶴子(かなざわちづこ)に、
大神(おおみわ)神社の主祭神・大物主(おおものぬし)神が
素戔嗚(すさのお)尊同様「出雲」の神だと聞いた雅は、
奈良に出雲族の痕跡を探し求める。

二人を監視する何者かの不穏な動き。
大和に存在した出雲村と野見宿禰(のみのすくね)伝説が、雅を真相へ導く。
神話に秘匿された出雲王朝の真の姿が蘇る。
出雲編完結!

製品情報

製品名 鬼統べる国、大和出雲 古事記異聞
著者名 著:高田 崇史
発売日 2022年05月13日
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN 978-4-06-527543-6
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、2020年11月に、講談社ノベルスとして刊行されたものです。

著者紹介

著:高田 崇史(タカダ タカフミ)

東京都生まれ。明治薬科大学卒業。『QED 百人一首の呪』で第9回メフィスト賞を受賞し、デビュー。歴史ミステリを精力的に書きつづけている。講談社ノベルス最長の人気シリーズQEDシリーズをはじめ、著作多数。近著に『QED 憂曇華の時』『古事記異聞 鬼統べる国、大和出雲』『QED 源氏の神霊』など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る