あくまでも探偵は もう助手はいない

講談社タイガ
アクマデモタンテイハモウジョシュハイナイ
  • 電子あり
あくまでも探偵は もう助手はいない
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

最高のパートナー
でもきっと、永遠じゃない

「謎を解くのは金のため」
うそぶく探偵といられる未来は――まだ見えない。

青春に心が砕け散るミステリ

ーーー

「大人の世界に、名探偵の居場所はない」
頭脳明晰、眉目秀麗な優等生・森巣の裏の顔は、SNSを駆使した謎の探偵だ。
その心が善にも悪にも近しいと知るのは僕しかいない。

被害者不明の誘拐事件に目的不明の爆弾魔。
頻発する事件を頭脳で解き明かすうち、
森巣は本物の刑事に容疑者として追われることとなる……。

たどり着く結末に叫びが漏れる――青春ミステリはここまできた。

製品情報

製品名 あくまでも探偵は もう助手はいない
著者名 著:如月 新一
発売日 2022年03月15日
価格 定価:880円(本体800円)
ISBN 978-4-06-527377-7
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:如月 新一(キサラギ シンイチ)

ジャンプ小説新人賞'2018テーマ部門「ミステリ」金賞受賞、SKYHIGH文庫賞、文春文庫×エブリスタ バディ小説大賞 第2回「ロケーション」の入賞、新潮文庫 新世代ミステリー賞の佳作、角川Twitter小説の優秀賞など数々の賞に輝き、2018年『放課後の帰宅部探偵 学校のジンクスと六色の謎』(SKYHIGH文庫)で書籍デビューした期待の新鋭。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る