QED 神鹿の棺

講談社ノベルス
キューイーディーシンロクノヒツギ
  • 電子あり
QED 神鹿の棺
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 茨城県の山中にある寂れた神社の宝物庫にあった陶製の大瓶の一つから、膝を抱える体勢をとった古い白骨死体が発見された。その話を友人のフリージャーナリスト、小松崎から聞いた桑原崇は、大瓶と神社の祭神に興味を抱き、棚旗奈々を含めた三人で茨城へ向かうのだった。
 警察や郷土史家らが出入りするなか起きる新たな殺人。その死体もまた瓶に入れられていた。QEDシリーズ長編!

製品情報

製品名 QED 神鹿の棺
著者名 著:高田 崇史
発売日 2022年03月21日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-526792-9
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:高田 崇史(タカダ タカフミ)

昭和33年東京生まれ。明治薬科大学卒。『QED 百人一首の呪』(講談社ノベルス)で第9回メフィスト賞を受賞しデビュー。怨霊史観ともいえる独自の視点で、歴史ミステリを精力的に書きつづけている。近著に『QED 源氏の神霊』(講談社ノベルス)『采女の怨霊』(新潮社)など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る