桜底 警視庁異能処理班ミカヅチ

講談社タイガ
サクラソコケイシチョウイノウショリハンミカヅチ
  • 電子あり
桜底 警視庁異能処理班ミカヅチ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

彼らは、事件を解決せず救わず、
ただ「処理」する。

内藤了待望の新シリーズは、
警視庁の底に棲むやつらを描く、
前代未聞の警察×怪異の物語!

☆☆☆

ヤクザに追われ、アルバイト先も失った霊視の青年・安田怜は、
路上で眠っていたところ、サラリーマン風の男に声をかけられる。
曰く
「すこし危険な、でも条件のいい仕事を紹介しよう」
「場所は警視庁本部――」

警視正は首無し幽霊、同僚も捜査一課も癖の強いやつばかり。
彼らは人も怪異も救わない。仕事は、人知れず処理すること――。

桜の代紋いただく警視庁の底の底、彼らはそこにいる。

製品情報

製品名 桜底 警視庁異能処理班ミカヅチ
著者名 著:内藤 了
発売日 2022年01月14日
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN 978-4-06-526703-5
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:内藤 了(ナイトウ リョウ)

長野市出身。長野県立長野西高等学校卒。2014年に『ON』で日本ホラー小説大賞読者賞を受賞しデビュー.。同作からはじまる「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズは、猟奇的な殺人事件に挑む親しみやすい女刑事の造形がホラー小説ファン以外にも支持を集めヒット作となり、2016年にテレビドラマ化。近著に『EVIL 東京駅おもてうら交番・堀北恵平』(角川ホラー文庫)、『ネスト・ハンター 憑依作家 雨宮縁』(祥伝社文庫)がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る