空貝 村上水軍の神姫

講談社文庫
ウツセガイムラカミスイグンノシンキ
  • 電子あり
空貝 村上水軍の神姫
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

伝説的女武将・鶴姫は、巫女であり総司令官であった。村上水軍を率いて西国最強の水軍を迎え撃つ──数奇な運命を描く長編歴史小説!

1541年6月、西の大国・大内氏の水軍が大三島(おおみしま)に大挙襲来する。迎え撃つ三島(さんとう)村上水軍の奇襲作戦は失敗し、総司令官である陣代の大祝(おおほうり)安房が戦死。実はそれは、安房の若き軍師・越智(おち)安成による大祝家への復讐の始まりだった。大祝鶴姫は平和な今治で巫女として神事に専念していたが、最愛の兄・安房戦死の報に接し、「大内を打倒し仇を討つまでは女を捨て、男として生きる」と宣言する。陣代となった鶴姫は安成と激しく衝突しながらもその献策を採用。鶴姫の天賦の軍才と安成の奇策によって勝利を収める。安成はなおも鶴姫謀殺と三島水軍の壊滅を企むが、鶴姫から危地に陥った己の命を逆に救われるのだった……。

製品情報

製品名 空貝 村上水軍の神姫
著者名 著:赤神 諒
発売日 2022年01月14日
価格 定価:946円(本体860円)
ISBN 978-4-06-526680-9
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2020年1月に、小社より刊行されました。文庫化にあたり、一部を加筆・修正しました。

著者紹介

著:赤神 諒(アカガミ リョウ)

1972年京都府生まれ。同志社大学文学部卒業。私立大学教授、法学博士、弁護士。2017年、「義と愛と」(『大友二階崩れ』に改題)で第9回日経小説大賞を受賞し作家デビュー。同作品は「新人離れしたデビュー作」として大いに話題となった。他の著書に『大友の聖将(ヘラクレス)』『大友落月記』『神遊(しんゆう)の城』『戦神』『妙麟』『計策師 甲駿相三国同盟異聞』『空(うつせ)貝(がい) 村上水軍の神姫』『北前船用心棒 赤穂ノ湊 犬侍見参』『立花三将伝』『太陽の門』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る