石を黙らせて

文芸(単行本)
イシヲダマラセテ
  • 電子あり
石を黙らせて
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

名も知らない女性の人生を、尊厳を傷つけた。
過去の強姦を告白し、婚約者と家族から断絶された男は、
謝罪のために事件を公表し、被害者探しを思い立つ。 

せめて罰を受けさせてくれ
罪とはなにか。その罪に許しはあるのか。

『死にたくなったら電話して』の著者が突きつける、このうえなく深い問い。

「謝るというのはある種傲慢な行為であって、自分の本来の気持ちばかりがどうしても滲み出てくる。
それを含めて書いているのが巧みだと思った」
          高山羽根子

「性被害については、どうしても被害を受けた女性側が語る立場に置かれることが多い。男性側がポロッと発語することで露わになってしまうもの、発語した瞬間に生じる社会との摩擦といったものがちゃんと書かれている点を最大限に評価したい」
          倉本さおり

「この作品には、出来事を終わらせないことの倫理観はあった」
          矢野利裕

製品情報

製品名 石を黙らせて
著者名 著:李 龍徳
発売日 2022年01月26日
価格 定価:1,870円(本体1,700円)
ISBN 978-4-06-526679-3
判型 四六
ページ数 162ページ
初出 「群像」2021年9月号

著者紹介

著:李 龍徳(イ ヨンドク)

1976年埼玉県生まれ。在日韓国人三世。2014年『死にたくなったら電話して』で第51回文藝賞を受賞しデビュー。2020年『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』で第42回野間文芸新人賞を受賞。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る