虎の牙

講談社文庫
トラノキバ
  • 電子あり
  • 受賞作
虎の牙
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

武田信玄の父・信虎の謎の弟、勝沼信友。「山の民」として育てられたその男は、自らに流れる血の運命にのみ込まれていく。一方、罪を犯して流浪の末武田家に仕官した足軽大将の原虎胤は、その武勇から「鬼美濃」と恐れられ、外様ながら家中で重きをなしていく。乱国甲斐の統一を目指す武田信虎を挟んで、二人の男がある「呪」を背負いながら戦場を駆け巡る。最強武田のルーツを描く、女流ヒストリーテラーのデビュー長編、待望の文庫化。〔解説〕平山優。

製品情報

製品名 虎の牙
著者名 著:武川 佑
発売日 2021年12月15日
価格 定価:902円(本体820円)
ISBN 978-4-06-526409-6
判型 A6
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2017年10月、小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:武川 佑(タケカワ ユウ)

1981年神奈川県生まれ。立教大学文学研究科博士課程前期課程(ドイツ文学専攻)卒。書店員、専門紙記者を経て、2016年、「鬼惑い」で第1回「決戦!小説大賞」奨励賞を受賞。甲斐武田氏を描いた書き下ろし長編『虎の牙』でデビュー。同作は第7回歴史時代作家クラブ新人賞を受賞。アンソロジー『決戦!設楽原』にも参加している。ほかに『落梅の賦』などがある。近著は『千里をゆけ くじ引き将軍と隻腕女』。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る