生涯弁護人  事件ファイル2 安部英(薬害エイズ) カルロス・ゴーン 野村沙知代・・・・・・

ショウガイベンゴニンジケンファイル2アベタケシヤクガイエイズカルロスゴーンノムラサチヨ
  • 電子あり
生涯弁護人  事件ファイル2 安部英(薬害エイズ) カルロス・ゴーン 野村沙知代・・・・・・
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

安部英(薬害エイズ事件)、カルロス・ゴーン、野村沙知代。マスコミを騒がせた問題人物は本当に罪を犯したのか。「悪人」に仕立てられた人たちの知られざる素顔と事件の真相。絶対的に不利な状況から数々の無罪判決を勝ち取り、「無罪請負人」と呼ばれる弘中惇一郎弁護士が初めて公開する全事件簿。マスコミと刑事司法が作り出した虚構のストーリーの裏に隠された、知られざる物語に、あなたはきっと驚愕する。

村木厚子事件(厚労省郵便不正事件)、小澤一郎事件(陸山会政治資金規正法違反事件)、鈴木宗男事件、マクリーン事件、クロマイ・クロロキン薬害訴訟、医療過誤訴訟、三浦和義事件(ロス疑惑)などを扱った「事件ファイル1」も同時刊行。

目次

第一章 報道が作り出す犯罪
・安部英医師薬害エイズ事件

第二章 弱者と共に
・下館タイ女性殺人事件
・小学生交通事故死事件
1中野区スクールゾーン交通事故死事件
2 大型貨物車左折巻き込み事件

第三章 名誉毀損・プライバシー侵害と報道の自由
・名誉毀損・プライバシー侵害事件
1 野村沙知代事件
2 中森明菜プライバシー侵害事件

・プロダクションとの紛争事件
加勢大周事件

・記号化による人権侵害
中島知子事件
   
・「報道の自由」をめぐる訴訟
1「日刊新愛媛」事件
2「噂の眞相」名誉毀損事件
3「創」接見妨害事件

第四章 誰もが当事者に
・警察官による暴行事件
1 八千代台交番事件
2 川崎暴走族事件

・痴漢冤罪事件
1 K教授事件
2 H青年事件

第五章 日本の刑事司法の現実
カルロス・ゴーン事件

製品情報

製品名 生涯弁護人  事件ファイル2 安部英(薬害エイズ) カルロス・ゴーン 野村沙知代・・・・・・
著者名 著:弘中 惇一郎
発売日 2021年12月01日
価格 定価:2,750円(本体2,500円)
ISBN 978-4-06-526110-1
判型 四六
ページ数 466ページ

著者紹介

著:弘中 惇一郎(ヒロナカ ジュンイチロウ)

弁護士、法律事務所ヒロナカ代表。一九四五年、山口県生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。七〇年に弁護士登録。クロマイ・クロロキン事件などの薬害訴訟、医療過誤事件、痴漢冤罪事件など弱者に寄り添う弁護活動を続けてきた。三浦和義事件(ロス疑惑)、薬害エイズ事件、村木厚子(郵便不正事件)、小澤一郎事件(「陸山会」政治資金規正法違反事件)など、戦後の日本の刑事訴訟史に残る数々の著名事件では無罪を勝ち取った。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る