うちの旦那が甘ちゃんで 鼠小僧次郎吉編

講談社文庫
ウチノダンナガアマチャンデネズミコゾウジロキチヘン
  • 電子あり
うちの旦那が甘ちゃんで 鼠小僧次郎吉編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

奉行から月也に「深川飯を食べろ」との奇妙な指令が。沙耶と二人でご当地を探っていると盗賊と会うことに……好評書下ろし時代小説!

文政八年、月也が沙耶を小者にしたばかりの頃、奉行の筒井から奇妙な指令を受ける。沙耶を連れて一番美味しい「深川飯」を探せというのだ。月也は早速沙耶に事情を話し、ご当地の深川に二人で繰り出すことにする。こういう訳のわからぬ指令が出るということは、きっと「訳あり事件」に違いない。沙耶は月也と深川飯を食べ歩くと同時に、音吉や牡丹に協力を要請する。そして、庶民に盗んだ金の一部を与える「義賊」の情報を得、また木づくり職人の次郎吉という男を紹介してもらい、足を洗おうとしている盗賊であることがわかる。おかしな指令が少しずつ結びついていく……。

製品情報

製品名 うちの旦那が甘ちゃんで 鼠小僧次郎吉編
著者名 著:神楽坂 淳
発売日 2022年01月14日
価格 定価:693円(本体630円)
ISBN 978-4-06-526072-2
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:神楽坂 淳(カグラザカ アツシ)

1966年広島県生まれ。作家であり漫画原作者。多くの文献に当たって時代考証を重ね、豊富な情報を盛り込んだ作風を持ち味にしている。小説には『大正野球娘。』『三国志』『金四郎の妻ですが』『捕り物に姉が口を出してきます』『うちの宿六が十手持ちですみません』『帰蝶さまがヤバい』『ありんす国の料理人』『あやかし長屋 嫁は猫又』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る