おはなしSDGs すべての人に健康と福祉を この指とどけ

オハナシエスディージーズスベテノヒトニケンコウトフクシヲコノユビトドケ
  • 電子あり
おはなしSDGs すべての人に健康と福祉を この指とどけ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【物語の概要】
6年生のほのかとつつじは親友どうしで家族ぐるみのつきあい。つつじのお父さんは大学でアフリカのことを研究している。そんなほのかは最近、両親の仲がうまくいっていないことを気にしている。ある日、クラスの矢沢君にサッカーを教えてもらったことをきっかけに、「相手のことを考えて、てきかくなパスをだす」ことの大事さを知る。うまくいっていない両親に、ほのかは「てきかくなパス」をだすことができるのか? そして、つつじのお父さんの影響でアフリカに興味を持ったほのかたちは、アフリカの医療と福祉のことを調べるのだが……。

【シリーズ「おはなしSDGs」の特色】
・各児童文学賞受賞作家やベストセラー作家など、現代を代表する一流童話作家の書き下ろし作品です。「物語の楽しさ」を第一に書かれた作品は、どの一冊をとっても、すぐれた児童小説として楽しむことができます。
・実力のあるイラストレーターによる挿絵が多数掲載され、確実に物語を読み通す手助けとなります。
・各巻とも、SDGsが掲げる17のゴールのうちの一つがテーマとなっており、いま世界が協力してその目標に向かわなくてはならない理由が自然と理解できるストーリーが展開されます。
・本文中に、物語とリンクさせるかたちで、関連する図表、グラフ、年表などが入ります。さらに、各巻の巻末で、テーマとしたSDGsのゴールについてくわしく解説しますので、テーマ学習の教材としても使用できます。
・A5判、80ページ(一部カラー)。朝読書にもぴったりのボリュームです。

【シリーズ「おはなしSDGs」刊行予定】
飢餓をゼロに(森埜こみち)/すべての人に健康と福祉を(村上しいこ)/質の高い教育をみんなに(井上林子)/働きがいも経済成長も(赤羽じゅんこ)/産業と技術革新の基礎をつくろう(片川優子)/人や国の不平等をなくそう(福田隆浩)/住み続けられるまちづくりを(稲葉なおと)/パートナーシップで目標を達成しよう(濱野京子)

●既刊
『未来からの伝言 SDGsガイドブック』(那須田淳)/貧困をなくそう『みんなはアイスをなめている』(安田夏菜)/ジェンダー平等を実現しよう『すし屋のすてきな春原さん』(戸森しるこ)/安全な水とトイレを世界中に『水とトイレがなかったら?』(石崎洋司)/エネルギーをみんなに そしてクリーンに『夢の発電って、なんだろう?』(森川成美)/つくる責任 つかう責任『未来を変えるレストラン』(小林深雪)/気候変動に具体的な対策を『ツリーハウスの風』(楠木誠一郎)/海の豊かさを守ろう『ぼくらの青』(佐藤まどか)/陸の豊かさも守ろう『海をこえて虫フレンズ』(吉野万理子)/平和と公正をすべての人に『平和の女神さまへ 平和ってなんですか?』(小手鞠るい)

製品情報

製品名 おはなしSDGs すべての人に健康と福祉を この指とどけ
著者名 作:村上 しいこ 絵:山田 花菜
発売日 2021年12月16日
価格 定価:1,485円(本体1,350円)
ISBN 978-4-06-526048-7
判型 A5
ページ数 80ページ

著者紹介

作:村上 しいこ(ムラカミ シイコ)

三重県生まれ。『かめきちのおまかせ自由研究』で第37回日本児童文学者協会新人賞を、『れいぞうこのなつやすみ』で第17回ひろすけ童話賞を、『うたうとは小さないのちひろいあげ』で第53回野間児童文芸賞を受賞。著者に絵本『おおあたりぃ~』(かつらこ・絵)、『これ、もっていき』(伊藤秀男・絵)、『まだだよ まだだよ』(市居みか・絵)、幼年童話『音楽室の日曜日』をはじめとする「日曜日」シリーズ(田中六大・絵)、YA小説『ダッシュ!』『イーブン』、小説『死にたい、ですか』など多数。

絵:山田 花菜(ヤマダ カナ)

デビュー作は、『アンのプレゼント』(偕成社)。以来「こまじょちゃん」シリーズ(ポプラ社)や『ビリーのすてきなともだち』(教育画劇)、『友だちは図書館のゆうれい』(金の星社)など絵本のさしえ、装画、キャラクターデザインなど幅広く活動している。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る