高杉晋作 全3巻合本版

タカスギシンサクゼン3カンガッポンバン
  • 電子のみ
高杉晋作 全3巻合本版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

黒船をひきいて、一八五三年、ペルリが浦賀に来航した。開国佐幕派と勤皇攘夷派に二分された国内は混乱をきわめた。そのさなか、革新を叫ぶ吉田松陰の刑死は、松下村塾の塾生たちを動揺させた。師の志をどうしたら活かせるのか? 欧米列強の脅威におののく日本を遊歴するうち、高杉晋作は勤皇の志士として開眼していく。やがて上海へ渡って海外事情にも目覚めた長州の”鼻輪のない暴れ牛”は、松陰の志を継いで倒幕への道を歩み始めた。動乱の世を生き、奇兵隊を結成し、内外からの攻撃に遭いながらも、維新回天の偉業に尽力した若き志士高杉晋作の生涯。

©souhachi yamaoka

製品情報

製品名 高杉晋作 全3巻合本版
著者名 著:山岡 荘八

オンライン書店で見る