オリンピックにふれる

文芸(単行本)
オリンピックニフレル
  • 電子あり
オリンピックにふれる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

香港、上海、ソウル、そして東京――分断された世界に、希望は生き残れるか?小説だから見えてくる、光と翳のオリンピック。
変貌をとげるアジアの街で、人生の岐路に揺れる若者たち。コロナ下の東京に、オリンピックの幕が上がる。
2021年夏、東京オリンピックと同時進行で新聞連載された話題作「オリンピックにふれる」をふくむ注目の最新小説集!

「香港林檎」
「この香港のどこかを、もう一人の自分が歩き回っているような気がして仕方ないんだ」
ボート選手枠で入社して10年、タイムが低迷する偉良はコーチから思わぬ宣告を受ける。

「上海蜜柑」
「私たち、上海に住んでるのよ。欲しいものは欲しいって、今、世界で一番言える街に」
ケガで体操選手を諦め、臨時体育教師になった阿青。結婚目前の恋人には初めてのチャンスが訪れていた。

「ストロベリーソウル」
「がんばるって、約束したじゃないか」 
ソウルのスケート場で働くクァンドンは、三回転ジャンプに挑む赤い練習着の少女に心惹かれるが……。

「東京花火」
「誰も悪くない。なのに、誰も幸せじゃないのはなぜだ?」
東京五輪が始まった。開会式を前に失踪した部下を探す白瀬は、国立競技場の前に立つ。2021年東京オリンピックと同時進行で新聞連載された話題作。

製品情報

製品名 オリンピックにふれる
著者名 著:吉田 修一
発売日 2021年10月04日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-526043-2
判型 四六
ページ数 202ページ
初出 「香港林檎」…「群像」2007年4月号 「りんご」を改題、「上海蜜柑」…「群像」2008年1月号、「ストロベリーソウル」…「群像」2010年3月号、「東京花火」…「読売新聞」朝刊 2021年7月22日~8月9日 「オリンピックにふれる」を改題。

著者紹介

著:吉田 修一(ヨシダ シュウイチ)

よしだ・しゅういち
1968年長崎県生まれ。1997年に『最後の息子』で第84回文學界新人賞を受賞し、デビュー。2002年には『パレード』で第15回山本周五郎賞、『パーク・ライフ』で第127回芥川賞を受賞。純文学と大衆小説の文学賞を合わせて受賞し話題となる。2007年『悪人』で第61回毎日出版文化賞、第34回大佛次郎賞を受賞。2010年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。2019年『国宝』で第69回芸術選奨文部科学大臣賞、第14回中央公論文芸賞を受賞。作品は英語、仏語、中国語、韓国語などにも翻訳され、世界で注目される日本人作家でもある。2016年より芥川賞選考委員。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る