酔鯨 山内容堂の軌跡 土佐から見た幕末史

講談社現代新書
スイゲイヤマウチヨウドウノキセキトサカラミタバクマツシ
  • 電子あり
酔鯨 山内容堂の軌跡 土佐から見た幕末史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この人物を知らずして幕末史は語れない! 

徳川びいきの封建領主、土佐勤王党の弾圧……、彼は時代に取り残された「悪役」だったのか? 慶喜将軍擁立運動、参預会議、小御所会議――中央の政局を主導し、歴史を大きく動かす可能性のあった、知られざるキーパーソンに焦点を当てながら、従来の幕府vs.薩長史観ではわからない、歴史の転換点の実相を描き出す。

第一人者が土佐藩を通して描き出す、幕末維新史の決定版!

製品情報

製品名 酔鯨 山内容堂の軌跡 土佐から見た幕末史
著者名 著:家近 良樹
発売日 2021年10月20日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-525910-8
通巻番号 2639
判型 新書
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る