ラストシーンは崖のうえ

文芸(単行本)
ラストシーンハガケノウエ
  • 電子あり
ラストシーンは崖のうえ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

二時間サスペンスのラストシーンで犯人が追い詰められる、お約束の崖。その上で繰り広げられる悲喜劇のみを題材にした、(おそらく)前代未聞の漫画が堂々の完成。喜国雅彦の本格ミステリ愛と一流のギャグが融合した奇跡をあなたに!
三十年来の親友であるみうらじゅんさんの4000字解説付き!

二時間サスペンスの帝王、船越英一郎さん「ファーストシーンから抱腹絶倒!!」

二時間サスペンスの裏女王、山村紅葉さん「絶対崖の上で読まないでください」

製品情報

製品名 ラストシーンは崖のうえ
著者名 著:喜国 雅彦
発売日 2021年10月21日
価格 定価:2,035円(本体1,850円)
ISBN 978-4-06-525786-9
判型 A5変型
ページ数 194ページ
初出 『メフィスト』2016 VOL.3~2020 VOL.3,『tree』2020年12月~2021年4月 単行本化に際し、加筆修正した。

著者紹介

著:喜国 雅彦(キクニ マサヒコ)

(漫画家、雑文家、装画家、プチ音楽家、本棚探偵)
1958年香川県出身。多摩美術大学卒業。
1981年に『ふぉーてぃん』で漫画家デビュー 。
代表作に『月光の囁き』、『日本一の男の魂』など。
さらに「本棚探偵」シリーズ、『東京マラソンを走りたい』、『シンヂ、僕はどこに行ったらええんや』などのエッセイも上梓。
1997年にみうらじゅん賞、2015年に『本棚探偵最後の挨拶』で第68回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)受賞。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る