日輪の遺産 新装版

講談社文庫
ニチリンノイサンシンソウバン
  • 電子あり
日輪の遺産 新装版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

帝国陸軍がマッカーサーより奪い、終戦直前に隠したという時価200兆円の財宝。それは敗戦を悟った阿南陸軍大臣が、祖国復興のために託した軍資金だった。

戦争は、日本人に何を残したのか。著者にしか書けない、魂を揺さぶる傑作歴史ミステリー!

製品情報

製品名 日輪の遺産 新装版
著者名 著:浅田 次郎
発売日 2021年10月15日
価格 定価:1,122円(本体1,020円)
ISBN 978-4-06-525055-6
判型 A6
ページ数 576ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は1997年7月に小社より刊行された文庫の新装版です。

著者紹介

著:浅田 次郎(アサダ ジロウ)

1951年東京都生まれ。1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞を受賞。以降、一九九七年『鉄道員』で直木賞、二〇〇〇年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、二〇〇六年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、二〇〇八年『中原の虹』で吉川英治文学賞、二〇一〇年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、二〇一六年『帰郷』で大佛次郎賞を、それぞれ受賞。二〇一五年紫綬褒章受章、二〇一九年菊池寛賞受賞。他の著書に『蒼穹の昴』『天国までの百マイル』『大名倒産』『流人道中記』『おもかげ』など多数。

お知らせ・ニュース

お知らせ
浅田次郎先生が第9回日本歴史時代作家協会賞 功労賞を受賞しました。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る