未知の界へ

ミチノクニヘ
  • 電子のみ
未知の界へ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

複雑な家族の末子として生まれた桂。兄の友人で新聞社勤めの安彦を家庭教師として大学進学を目指すが、社長令息の透との縁談が持ち込まれる。子を産んだあと赤線に売られていった幼な友達、同じ年頃の温泉芸者との触れ合い、東大受験、そして透と安彦の狭間で、桂は次々と未知の世界を覗いてゆく。病と闘い、離婚を乗り越えて書き続けた北畠八穂の人生観が表れた長編小説。

製品情報

製品名 未知の界へ
著者名 著:北畠 八穂

オンライン書店で見る