太陽はまた昇る 公爵近衛文磨 (上)

タイヨウハマタノボルコウシャクコノエフミマロジョウ
  • 電子のみ
太陽はまた昇る 公爵近衛文磨 (上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

公爵・近衛文麿は、昭和15年7月に組閣の大命をうけ、第二次近衛内閣を組織した。陸相は東条英機、外相は松岡洋右であった。この時から、近衛文麿の悲劇が始まる。三国軍事同盟の締結で大陸戦線は膠着し、日米交渉は暗礁にのりあげ、近衛はグルー大使と会見する。それは近衛個人の悲劇にとどまらず、日本の悲劇に他ならない。日本近代史における近衛の演じた役割はあまりにも大きかった……。この「太陽はまた昇る」は、戦争か平和かの岐路に立って悩む近衛を中心にして、しだいに軍閥の掌中におどらされてゆく日本の姿――第二次大戦を軸とした日本の近代史――を描いた、上下2巻の長編歴史小説である。

製品情報

製品名 太陽はまた昇る 公爵近衛文磨 (上)
著者名 著:立野 信之

オンライン書店で見る