おさるのゆめ

オサルノユメ
  • 電子あり
おさるのゆめ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「おさるシリーズ」は1991年の『おさるのまいにち』以来、30年間にわたって親しまれてきたロングセラーです。
 累計は36万部を超え、路傍の石幼少年文学賞、IBBYオナーリスト選出、産経児童出版文化賞、野間児童文芸賞を受賞するなど、非常に高い評価を得てきました。
 
 今回のテーマは「ゆめ」です。ゆめを見ているおさるは、ゆめの中でも夜になるとゆめを見て、さらにそのゆめの中でも夜になると……と、心地よいリズムで、お話が展開していきます。
 ゆめと現実のちがいがあやふやになって、どきどきしながら、何度もたのしめる新作です。
 やさしい表現で、深い思想にふれる、「おさる」シリーズの真骨頂です。

●主な内容
 ぼくは おさるです。
 みなみの しまに すんでいます。
 ぼくの すむ しまは ちいさいけれど、
 もりが あります。
(中略)
 よるに なったら、ねむります。
 でも つぎの つぎの ひの 
 おひさまが のぼる まえに
 ぼくは ゆめを みました。
(本文より)
※漢字は使用していません

製品情報

製品名 おさるのゆめ
著者名 作・絵:いとう ひろし
発売日 2021年09月30日
価格 定価:1,320円(本体1,200円)
ISBN 978-4-06-524703-7
判型 A5
ページ数 86ページ
シリーズ どうわがいっぱい

著者紹介

作・絵:いとう ひろし(イトウ ヒロシ)

1957年、東京都生まれ。早稲田大学教育学部卒。大学在学中より絵本の創作をはじめ、1987年、絵本『みんながおしゃべりはじめるぞ』でデビュー。ユーモラスで温かみのある作風の絵本や幼年童話を発表しつづけ、幅広い読者に支持されている。作品に『ルラルさんのにわ』(絵本にっぽん賞)、『おさるのまいにち』『おさるはおさる』(ともに路傍の石幼少年文学賞)、『おさるになるひ』(IBBYオナーリスト選出、産経児童出版文化賞)、『おさるのもり』(野間児童文芸賞)、『だいじょうぶ だいじょうぶ』(講談社出版文化賞絵本賞)、「ごきげんなすてご」シリーズ、『くろりすくんとしまりすくん』『うみがめのおじいさん』など多数がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る