燃える息

文芸(単行本)
モエルイキ
  • 電子あり
燃える息
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

彼は私を、彼女は僕を、止められないーー


傾き続ける世界で、必死に立っている。
なにかに依存するのは、生きている証だ。
――中江有里(女優・作家)


依存しているのか、依存させられているのか。
彼、彼女らは、明日の私たちかもしれない。
――三宅香帆(書評家)


現代人の約七割が、依存症!? 
盗り続けてしまう人、刺激臭が癖になる人、運動せずにはいられない人、鏡をよく見る人、
緊張すると掻いてしまう人、スマホを手放せない人ーー抜けられない、やめられない。

人間の衝動を描いた新感覚の六篇。小説現代長編新人賞受賞後第一作!

製品情報

製品名 燃える息
著者名 著:パリュス あや子
発売日 2021年09月29日
価格 定価:1,705円(本体1,550円)
ISBN 978-4-06-524540-8
判型 四六
ページ数 250ページ
初出 「呼ぶ骨」…「小説現代」2021年3月号、「燃える息」「ジューンブライド・バナナパフェ」「鈴木さんのこだわり」「二十一週六日」「ファントム・バイブレーション」は書き下ろし。

著者紹介

著:パリュス あや子(パリュス アヤコ)

神奈川県生まれ、フランス在住。広告代理店勤務を経て、東京藝術大学大学院映像研究科・映画専攻脚本領域に進学。「山口文子」名義で映画『ずぶぬれて犬ころ』(本田孝義監督/2019年公開)脚本担当、歌集『その言葉は減価償却されました』(2015年)上梓。2019年『隣人X』で第14回小説現代長編新人賞を受賞し、デビュー。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る