賭博常習者

文芸(単行本)
トバクジョウシュウシャ
  • 電子あり
賭博常習者
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「百万円を二百万円にするのはたやすい」
そう嘯いて他人様の懐に平気で手を突っ込み、
意表を突いたケントク買いで万馬券を掴み取る――。

ギャンブルの神様に魅入られた、“ろくでなし”の自伝的長編小説

「30年前の新人が、新人のまま現われた。
馬とデラシネの日々と、ギャンブルの陥穽と
黄昏の中に立つ影に、活路はあるのか。
この小説の放逸な人生の底にあるのは、書くという行為の業である。」
――北方謙三

「破天荒なこの男の物語世界はくやしいほどにまばゆい。
映画の嘘を凌駕した凄味があるからだ。
こいつとは簡単につき合わないほうがいい。」
――高橋伴明(映画監督)


 ショウコから百万円を受け取り、(福島競馬場のメインレースの)3枠6番のソウルスピリッツの複勝に張った。
「見ていろ。6番の馬が三着にくれば金になる」
 ショウコは府中の馬場をふりかえって戸惑う。
「どういうこと? 馬、走ってないじゃない」
「ここのレースじゃない」
(中略)
 しばらくして東京競馬場の帯で束ねられた百万円が七束と、端数の三十万円を受け取る。JRAの手提げ紙袋にそれをしまってもらった。
 ショウコはその場にへたり込んで紙袋に手を突っこみ、札束を数えながら、泣いた。
「なんで……なんでこんないい加減な男が簡単にお金を作れちゃうのよ……」
――本文より

製品情報

製品名 賭博常習者
著者名 著:園部 晃三
発売日 2021年10月04日
価格 定価:1,870円(本体1,700円)
ISBN 978-4-06-524560-6
判型 四六変型
ページ数 290ページ

著者紹介

著:園部 晃三(ソノベ コウゾウ)

1957年、群馬県生まれ。90年、「ロデオ・カウボーイ」で第54回小説現代新人賞を受賞。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る