京の怨霊、元出雲 古事記異聞

講談社文庫
キョウノオンリョウモトイズモコジキイブン
  • 電子あり
京の怨霊、元出雲 古事記異聞
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

橘樹雅は研究テーマ「出雲」を追い、京都を訪れる。

かつて出雲族の集落があったという下鴨神社の周辺には
「怨霊の寺」出雲寺をはじめ、出雲路橋、出雲井於(いのへ)神社など今も出雲だらけ。
糺(ただす)の森で起きた殺人事件を機に「言霊(ことだま)」の力を理解した雅は、
朝廷がまつろわぬ民=出雲族にかけた「呪い」の正体を解き明かす。

製品情報

製品名 京の怨霊、元出雲 古事記異聞
著者名 著:高田 崇史
発売日 2021年09月15日
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN 978-4-06-524458-6
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、2020年7月に、講談社ノベルスとして刊行されたものです。

著者紹介

著:高田 崇史(タカダ タカフミ)

東京都生まれ。明治薬科大学卒業。『QED 百人一首の呪』で第9回メフィスト賞を受賞し、デビュー。歴史ミステリを精力的に書きつづけている。講談社ノベルス最長の人気シリーズQEDシリーズをはじめ、著作多数。近著に『QED 憂曇華の時』『古事記異聞 鬼統べる国、大和出雲』『QED 源氏の神霊』など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る