どんまい

講談社文庫
ドンマイ
  • 電子あり
どんまい
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

苦労(ピンチ)のあとこそ、チャンスだ!

家族と、仲間と、野球が好きだからーー。
合言葉は、「だいじょうぶ! どんまい(Don’t Mind!)!」

草野球に、人生の縮図あり!
白球と汗と涙の長編小説。

「わたし、水原勇気になりたかったの」ーー離婚後のリスタートで、娘の香織を連れて草野球を始めたアラフォーの洋子だが、やはり現実は厳しい。迎えるチームの面々も、介護や子育てに悩み、リストラに怯え、いじめに傷ついて……。でも、合言葉は「どんまい!」。野球愛と人生への熱いエールに満ちた長編小説。


【ちぐさ台カープ。それぞれの人生。】
洋子(怒れる補欠)……離婚して、娘の香織とともに人生リスタート。
香織(背番号1のマボロシのエース?)……母の思いを背負ってマウンドに立つ中2の少女。
カントク(謎多き老人)……ちぐさ台カープの創立者
ヨシヒコ(3番・ピッチャー)……地元不動産屋のボンボン。野球はうまいが性格に難あり。
将大(4番・キャッチャー)……プロで大活躍する天才投手の元・女房役。
田村(5番・サード)……………故郷に要介護の親を抱える悩み多きキャプテン。
沢松(6番・ショート)…………中2にしてすでに職人気質。彼が無口になった理由は?
ウズマキ(9番・セカンド)……かつての送りバントの達人。いまはフルスイング命の三振王。

目次

  • イニング1
  • イニング2
  • イニング3
  • イニング4
  • イニング5
  • イニング6
  • イニング7
  • イニング8
  • イニング9
  • イニング10
  • イニング11
  • イニング12
  • 文庫版のためのあとがき

製品情報

製品名 どんまい
著者名 著:重松 清
発売日 2021年10月15日
価格 定価:1,122円(本体1,020円)
ISBN 978-4-06-525728-9
判型 A6
ページ数 592ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2018年10月に小社より刊行された単行本を文庫化したものです。

著者紹介

著:重松 清(シゲマツ キヨシ)

1963年岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。出版社勤務を経て、執筆活動に入る。1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年に『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。小説作品に『流星ワゴン』『愛妻日記』『カシオペアの丘で』『赤ヘル1975』など多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る