鳥がぼくらは祈り、

文芸(単行本)
トリガボクラハイノリ
  • 電子あり
鳥がぼくらは祈り、
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第64回群像新人文学賞受賞!
高2の夏、過去にとらわれた少年たちは、傷つき躊躇いながら未来へと手を伸ばす。清新な感覚で描く22歳のデビュー作。
日本一暑い街、熊谷で生まれ育ったぼくら4人は、中1のとき出会い、互いの過去を引き受け合った。4年後の夏、ひとつの死と暴力団の抗争をきっかけに、ぼくらの日々が動き始める――。孤独な紐帯で結ばれた少年たちの揺れ動く〈今〉をとらえた、新しい青春小説。

(群像新人文学賞選評より)
・〈文法の破綻した叫び〉こそが高二のぼくらのリアルな何事かを言語的に表現する、との説得力。――古川日出男氏
・私がいちばん感心したのは〈一人称内多元視点〉と呼ぶべき視点のつくり方だった。これは文学的に有意義な試みだと思う。――松浦理英子氏

製品情報

製品名 鳥がぼくらは祈り、
著者名 著:島口 大樹
発売日 2021年07月09日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-524307-7
判型 四六
ページ数 146ページ
初出 「群像」2021年6月号

著者紹介

著:島口 大樹(シマグチ ダイキ)

しまぐち・だいき
1998年、埼玉県上尾市生まれ。横浜国立大学経営学部卒業。現在、会社員。「鳥がぼくらは祈り、」で第64回群像新人文学賞を受賞。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る