サーカスから来た執達吏

文芸(単行本)
サーカスカラキタシッタツリ
  • 電子あり
サーカスから来た執達吏
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

●著者紹介
2019年、『絞首商會』で第60回メフィスト賞を受賞。

●主な内容
密室から忽然と消失した財宝の謎。
14年前の真実が明かされる
怒涛の30ページに目が離せない。
メフィスト賞作家、圧巻の純粋本格ミステリー!

「あたし、まえはサーカスにいたの」
大正14年。莫大な借金をつくった樺谷子爵家に、晴海商事からの使いとしてサーカス出身の少女・ユリ子が取り立てにやって来た。
返済のできない樺谷家は三女の鞠子を担保に差し出す。ユリ子と鞠子は、莫大な借金返済のため「財宝探し」をすることにした。
調べていくうちに近づく、明治44年、ある名家で起こった未解決事件の真相とはーー。

製品情報

製品名 サーカスから来た執達吏
著者名 著:夕木 春央
発売日 2021年09月30日
価格 定価:1,925円(本体1,750円)
ISBN 978-4-06-524304-6
判型 四六
ページ数 370ページ

著者紹介

著:夕木 春央(ユウキ ハルオ)

2019年、「絞首商会の後継人」で第60回メフィスト賞を受賞。同年、改題した『絞首商會』でデビュー。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る