あめつちのうた

講談社文庫
アメツチノウタ
  • 電子あり
あめつちのうた
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「甲子園の神整備」で知られる、グラウンド整備の職人集団「阪神園芸」――。
絶対に泣く青春×お仕事小説!


この夏も人生も、一度きり。

運動神経ゼロの雨宮大地は高校卒業後、野球の聖地・甲子園で働くことに。グラウンド整備を請け負う職人集団「阪神園芸」の新人として憧れの地を踏むも、仕事は失敗続き。落ち込む大地だったが、夢に向かってもがく同世代の仲間たちと出会い、自分の弱さと向き合うことを決意し――。涙の青春×お仕事小説!

製品情報

製品名 あめつちのうた
著者名 著:朝倉 宏景
発売日 2021年07月15日
価格 定価:946円(本体860円)
ISBN 978-4-06-524129-5
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2020年6月に、単行本として小社より刊行されました。

著者紹介

著:朝倉 宏景(アサクラ ヒロカゲ)

1984年東京都生まれ。東京学芸大学教育学部卒業。会社員となるが、その後退職し現在はアルバイト生活。2012年『白球アフロ』(受賞時タイトル「白球と爆弾」より改題)で、第7回小説現代新人賞奨励賞を受賞。選考委員の伊集院静氏、角田光代氏から激賞された同作は2013年に刊行され話題を呼んだ。他の著作に『野球部ひとり』『つよく結べ、ポニーテール』『僕の母がルーズソックスを』などがある。元高校野球児で、ポジションはセカンド。2018年『風が吹いたり、花が散ったり』で島清恋愛文学賞を受賞した。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る