最後の挨拶 His Last Bow

文芸(単行本)
サイゴノアイサツヒズラストバウ
  • 電子あり
最後の挨拶 His Last Bow
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いつか、ここに、遠くに、存在した誰か。
言葉によって、わたしたちは出会える。
――柴崎友香さん推薦

シャーロック・ホームズの翻訳者だった父が倒れ、四姉妹の末っ子リブロは家族の歴史をたどりなおす。
時空を超えて紡がれる、風変りでいとしいファミリー・ストーリー。

「そこでは、もうとっくのむかしに死んでしまった人たちが、みんな生きていた。リブロの目の前、ここに、生きていた。」
百年前のロンドンから、戦争と震災をへて現在まで、家族の記憶とホームズの物語が鮮やかに交錯する――。
無数の喪失を超えて生き続ける言葉の奇跡を描く、注目作家・小林エリカの最新傑作小説。

目次

  • 最後の挨拶 His Last Bow
  • 交霊

製品情報

製品名 最後の挨拶 His Last Bow
著者名 著:小林 エリカ
発売日 2021年07月07日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-524060-1
判型 四六
ページ数 194ページ
初出 「最後の挨拶 His Last Bow」…「群像」2021年4月号、「交霊」…「三田文學」2021年冬季号。

著者紹介

著:小林 エリカ(コバヤシ エリカ)

小林エリカ 
作家、マンガ家。1978年東京生まれ。2014年、「マダム・キュリーと朝食を」(集英社)で第27回三島由紀夫賞候補、第151回芥川龍之介賞候補。小説『トリニティ、トリニティ、トリニティ』(集英社)で第7回鉄犬ヘテロトピア文学賞受賞。他の著書に短編集『彼女は鏡の中を覗きこむ』(集英社)、アンネ・フランクと実父の日記をモチーフにした『親愛なるキティーたちへ』(リトルモア)、コミック『光の子ども』1~3(リトルモア)など。主な個展に「最後の挨拶 His Last Bow」(2019年、Yamamoto Keiko Rochaix、ロンドン)、「野鳥の森 1F」(2019年、Yutaka Kikutake Gallery、東京)、グループ展に「話しているのは誰? 現代美術に潜む文学」(2019年、国立新美術館、東京)など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る