ありんす国の料理人 1

講談社文庫
アリンスコクノリョウリニン1
  • 電子あり
ありんす国の料理人 1
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸最大の歓楽街にして遊女の町・吉原。その真ん中にある揚屋町で食堂「三日月屋」を営む花凜と相方の神楽。花凜は少女のころは遊女の見習いである禿だったが、料理の道に目覚めてお店を開いたのだった。「温かくて美味しい料理を遊女たちに食べさせてあげたい」という高い志を持っていたものの、店はまったくはやらなかった。そして迎えた今日この日、店にやってきた花魁に料理をふるまい、「美味しい」と言わせれば借金を当分待ってもらえるのだが、「まずい」と言われれば店を畳んで遊女として身売りすることになっていた……。

製品情報

製品名 ありんす国の料理人 1
著者名 著:神楽坂 淳
発売日 2021年07月15日
価格 定価:693円(本体630円)
ISBN 978-4-06-523775-5
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:神楽坂 淳(カグラザカ アツシ)

1966年広島県生まれ。作家であり漫画原作者。多くの文献に当たって時代考証を重ね、豊富な情報を盛り込んだ作風を持ち味にしている。小説には夫婦同心の捕り物で人気を博した『うちの旦那が甘ちゃんで』ほか『大正野球娘。』『三国志1~5』『金四郎の妻ですが』『捕り物に姉が口を出してきます』 などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る