私はアラブの王様たちとどのように付き合っているのか?

星海社新書
ワタシハアラブノオウサマタチトドノヨウニツキアッテイルノカ
  • 電子あり
私はアラブの王様たちとどのように付き合っているのか?
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“中東きっての有名日本人”の稀有な実体験から知る、私たちの知らないアラブ世界

豪奢な石油王、ラクダとともに生きる砂漠世界、はたまた暗殺者が横行する危険地帯ーー
これらステレオタイプともいうべき「中東」「アラブ」へのイメージは、
残念ながら日本において現実の中東世界への誤解や偏見の根源となっています。
本書は、中東に住む人々や文化への敬意と理解によってはからずも
“中東きっての有名日本人”となった著者が、
サウジアラビアの王族や中東有数の財閥子息たちとのお付き合いを通じて
身を以て体験した耳を疑うような数多の実話とともに、
私たち日本人が知らない魅力の溢れる中東世界へと誘います。
著者所蔵の貴重で豊富な現地写真とともに、いざ等身大(?)のアラブ世界へ!

ーーー

オレのボスであるサウジアラビアの王子が、あなたに会いたいと言っている。
会ってくれないか?
(サウジアラビアの王子の部下でありラッパー)

来週、サウジアラビアのリヤドで開催される会社の総会でプレゼンをして欲しい
(サウジアラビアの財閥総帥)

うちの会社が主催するイベントがクウェートであるから今すぐ遊びに来てよ
(中東最大のプロテイン会社創始者4男)

せっかく武術や日本刀が使えるのなら、パレスチナ人難民キャンプにある学校の生徒たちと一緒に遊んであげて欲しい
(パレスチナ駐在のUNRWA国連職員)

※ぜんぶ、実話です

ーーー

※以下、本書目次より抜粋

第1章 アラブの王族について

Column 1 御用心! アラブの銀行から3億円振り込まれるって! 中東詐欺案件の見極め方

第2章 アラブの財閥と共に

Column 2 中東における日本製品の立ち位置

第3章 アラブにおける日本文化

Column 3 大使のアイドル化? 外交はSNSを活用する時代

第4章 日本人から見たアラブ文化

製品情報

製品名 私はアラブの王様たちとどのように付き合っているのか?
著者名 著:鷹鳥屋 明
発売日 2021年06月25日
価格 定価:1,155円(本体1,050円)
ISBN 978-4-06-523511-9
通巻番号 181
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:鷹鳥屋 明(タカトリヤ アキラ)

日本人サラリーマン。1985年大分生まれ、日本と中東を行き来して働くサラリーマン。大分舞鶴高校、筑波大学卒業後、メーカー、商社、NGO職員、ベンチャーと働く間に外交イベント、ビジネスを通じてアラブ、中東世界に深く関わりSNS上でアラブ人約10万人からフォローされる。中東各国で過ごした経験から現地で行われるイベントの企画、随行等も行う。本人もオタクであり中東のオタク文化に関して造詣が深く日本のコンテンツを中東に広げるべく活動を行う。母方の実家が鷹鳥屋神社であり、鷹鳥屋明を名乗る。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る