いのちがけ 加賀百万石の礎

講談社文庫
イノチガケカガヒャクマンゴクノイシズエ
  • 電子あり
いのちがけ 加賀百万石の礎
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

前田利家の忠臣・村井長頼が命を懸けて貫いた武士の本分。
加賀藩の祖・前田利家が流浪した若きころから大名になった後まで付き従った、股肱の臣・村井長頼。桶狭間、長篠、賤ヶ岳、……名だたる戦場を駆け抜け、利家の危難を幾度も救う。主君の肩越しに見た、信長、秀吉、家康ら天下人の姿。命懸けで忠義を貫き通し、百万石の礎を築いた男を端正な文体で魅せる傑作。
『高瀬庄左衛門御留書』で話題の著者、鮮烈デビュー作!

製品情報

製品名 いのちがけ 加賀百万石の礎
著者名 著:砂原 浩太朗
発売日 2021年05月14日
価格 定価:946円(本体860円)
ISBN 978-4-06-523462-4
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2018年2月に小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:砂原 浩太朗(スナハラ コウタロウ)

1969年生まれ。兵庫県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者となる。2016年第2回「決戦!小説大賞」を受賞。他の著書に『逆転の戦国史』『高瀬庄左衛門御留書』がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る